フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-26-Sat-23-26

葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶牛/文春文庫

「騙される」話らしい、ということは前々から知っていて、文庫落ちを楽しみにしていた本書。楽しみに楽しみに読みました。
そして、ええ、確かに「騙され」ましたとも。

主人公はなんでも屋の独身男・成瀬。運命の女を見つけることを目標に、ある時は警備員、またある時はパソコン教室の講師と、様々な職をこなしながら日々を生きている。
そんなある日、成瀬は同じジムに通う久高愛子から、ある調べ物を頼まれる。それは愛子の家の祖父が死亡した交通事故は、とある企業が意図的にしくんだ事故ではないかというものだった。
その昔探偵事務所の小僧であった経験だけを頼りに、事実関係の調査にのりだす成瀬。
果たして成瀬の探偵調査の行方は?悪徳企業の実態を暴くことはできるのか、そして成瀬の人生の目標であるところの運命の女との遭遇は?

というお話。
文庫の帯が気張ってます、「これが現代ミステリーのベスト1です」ですって。まあミステリ賞を四つもとれば強気にもなるってもんでしょう。
で、キモであるところのトリックなのですが、「ほうほうそうきたか~!」という印象でした。
こういう手口は大好きなんですよ。物語の前提が覆されるというか、ダイナミックなどんでん返しというか・・・・ううん、何をいってもネタバレですね。

でもまあしかし、なんとなーく「登場人物像がつかみにくいなあ」と思いながら読んでいた私の勘は当たっていたわけで、それは決して筆足らずなわけではなく、作者の「技」だったわけです。
はじめから「すごいトリックがあるらしい」ということを知っていたために、読み進めながら過去のミステリトリックに照らし合わせながらよんでいたのですが、それでも最後まで見破ることはできませんでした。
だから確かにミステリとしては成功しているのでしょう。(でもこれについては賛否両論あるみたいです)
この手のトリックが好きな私としてはこれは「アリ」だったのですが、まあ若干無理矢理感を感じたことも事実。
もっとも私が引っかかってしまったのは本筋の部分ではなく、キャラクターの方かな。誰にも感情移入できないままに話が終わってしまいました。どうもハードボイルドキャラ(を気取ったようなキャラ)は苦手でして・・・・

まあ十分楽しませてもらいましたが、「現代ミステリのベスト1」とまではいかないかな、というのが正直な感想です。


葉桜の季節に君を想うということ 葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午 (2007/05)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/88-d6a1af46



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。