フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-31-Sun-01-24

オリバー・ツイスト

オリバー・ツイスト 見てきました。

初めて行ったTOHOシネマズ二条。
ちょっと遠くてめんどくさいなぁと思ったのですが、そのぶんMOVIXより人が少なかったのはよかったですね。
交通の便をとるか、人の少なさをとるか、というところでしょうか。
和風なデザインが、「あぁ京都」です。

さて「オリバー・ツイスト」ですが、相変わらず惹かれている19世紀イギリスもの、ということで、友人を巻き込んで見てきましたが、思ってたよりよかったです。
おすぎさんがCMしているわりに、巷のいい評判をあまり聞かなかったので少々心配していたのですが、なかなかどうして、二時間以上の長丁場も飽きずに鑑賞できました。

要は、住むところも食べるものももたない孤児が、悪の道に誘惑されながらも、心の正直さを失わず、その心の清らかさゆえに幸せをつかむ話・・・でしょうか。
間違ってないのですが、こう書くと、ちょっと違うかんじもしてしまいます。

なんといってもフェイギンの存在が・・・・彼は彼なりに子供たちへの愛情はあったんですよね。彼がいなければオリバーはきっと飢え死にしていたし、でも、彼が居たがゆえに苦痛を味わされたことも確か。
ラストシーンは、フェイギンに泣かされましたよ。
(いえ、泣いてませんけど、ちょっとグっときたのは本当です)

「早業ドジャー」もね、いい子です。
オリバーを助け、世話をやき、心配し・・・きっとドジャーはナンシーを好きだったんじゃないかなぁ、と思ったら切なくなってしまいました。
あ、もちろんオリバーもいい子なんですけど、あまり自ら動いてくれないキャラクターだったので。パンフの「天使のように美しい魂をもった少年」というのに、多少違和感が・・・。

それはさておき、メインの役者さん、子役さんたちのはまり具合はもちろん、衣装や舞台もとてもリアルで、それだけでも見る価値ありでした。

お話そのものは割と暗いし重いのですが、スピーディーな展開のおかげでそれが緩和され、結果それがよかったと思います。
(もっとも、それが「軽い」という人もいるのかも)
派手さはないですが、じわりといい作品でした。

鑑賞日:2006年2月20日

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/56-3c9d42ec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。