フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-10-Mon-19-24

カラーひよことコーヒー豆

カラーひよことコーヒー豆/小川洋子/小学館文庫

小川洋子さんのエッセイ。
エッセイは初めてだったけれども、もしかしたら私は小川さんの小説よりエッセイの方が相性がいいのかもしれない。
この本は主に女性向けに?描かれたエッセイということだけど、明治生まれの祖母2人についての1本が無性に泣けた。
おかしいなと思ってもう1回読んでも、やっぱり泣けた。
自分の祖父母に重ね合わせてしまったのかもしれない。
無償の愛を注いでくれる人に、自分は何もしてこなかったなーという後悔とか申し訳なさとか感謝とかそういうのがいろいろ。
最近とみに涙腺が弱いので(特に老人ものは…)、何度読んでもやっぱり泣いてしまうかも。
読みやすそうだなという感覚だけで選んだわりに、予想外に泣かされた1冊でした。

カラーひよことコーヒー豆 (小学館文庫)カラーひよことコーヒー豆 (小学館文庫)
(2012/09/06)
小川 洋子

商品詳細を見る


あと、表紙がかわいいね。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/527-f34b5399



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。