フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-15-Thu-21-54

れんげ野原のまんなかで

れんげ野原のまんなかで/森谷明子/東京創元社ミステリ・フロンティア

「本好き・図書館好きに捧げる」なんて言われちゃったら、手に取らずにはいられないでしょう。

地方の公立図書館に勤める新米司書が主人公の短編連作日常ミステリ。もちろん謎は全て図書館&本にまつわるものであり、全体的にほのぼのとしています。
大変口当たりの良い本ですね、加納朋子あたりの雰囲気がお好きな人にはツボなのではないでしょうか。
私も結構好きなタイプなのですが、実は最近その手の作品に物足りなさを感じることもあり、はじめは「さらーっと読むにはいいかな」くらいのノリだったのです。


・・・ですが!


久しぶりに、惚れちゃうキャラクターに出会いました。
その人の名は「能勢逸郎」。
背が高くて、若白髪で、インテリ眼鏡で、コーヒーを入れるのが上手い大人の男です。(職業司書)
あ、案の定探偵役さんなんですけども。ざっくばらんなようで実は親切。いろいろな面で主人公をフォローしてくれます。頭の回転もいいし、教養豊か。
でも「購入図書決定会議」では思いっきり己の趣味に走った発言をして駄々をこねちゃうという、いやんなお人だったりなんかして。

くー、本好き女子の理想じゃないですか。
そりゃあ文子じゃなくても惚れちゃうでしょう。なんとなくキャラが「火村英生」とかぶってる気がするのも許せちゃいます。(絵的に、というか、私のイメージ的に)
とまあ、私的には「能勢さん」を発見しただけでもアタリだったのですが、内容的にも心地よく読めるミステリでした。
もっとも、正直に言えば「ミステリを読んだ」という気持ちにはあまりならなかったかも。トリックであっと言わせる話ではないし、そんなもんかな・・・とも思いますが。
あとは登場する3人の司書さんが皆本への愛情にみちあふれていますね。それは勿論すばらしいことだし共感もするのですが、実際の利用者としては「・・・そうかぁ?」という風にも感じます。
まぁ私が目にする図書館従事者のみなさんはほとんどがバイトさんかパートさんなんでしょうし、その全ての人に「情熱をもって働け!」なんて言えないのは分かってるんですけどね。
最近本を乱雑に棚置きしているバイト君(まさか司書じゃないと思いたい)を見掛けたりしたもんだから、余計ひねくれて感じてしまったのかもしれません。

でもこんな図書館が身近にあればいいなぁと思いますよ。
語学に堪能で有能な司書さん、
眼鏡がお似合いの男前な司書さん、
若くてかわいくて本への愛情があふれている司書さん。
そんな人たちが働く「れんげ野原のまんなか」の図書館なんて、「耳をすませば」に登場するヒロインのお父さんが働く図書館と同じくらい理想的じゃないですか?
ほんとに素敵。
素敵だからこそちょっとばかり現実味がないんだな、ということも言えますが。

うーんやはり穿ってみてしまった・・・これも図書館愛好者ゆえ、見る目が厳しいのだと思ってください。
いろいろ言いましたが、全体的には楽しく読める一冊でした。とりあえず図書館好きの方にはオススメしたいです。
シリーズものっぽい雰囲気がすでにありますが、これ、続くのかな・・・?
一点だけ気になったのは、第三話「春 雛支度」の犯人の行動解説の部分。いっこだけ、いっこだけ釈然としないんです。いくら名前うろおぼえでも、毎日のように顔をあわせる人がカウンターにやってきたら「あれ?」って思うのではないでしょうか?うーん、気になる・・・。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/50-d75981a7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。