フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-12-Mon-21-15

私立探偵・麻生龍太郎

私立探偵・麻生龍太郎/柴田よしき/角川書店

またしても友達に借りた本です。
以前読んだ『聖なる黒夜』の続編・・・続編?です。いえ、物語的には繋がっていないので独立して読めます。ただメインキャラクターが続投なので、まあ続編といっていいんでしょうね。個人的には『黒夜』でヒットだった麻生・練の二人の関係のその後が描かれているので、まさしく続編という印象だったのですが。

本作は、『黒夜』以降警察庁を辞め、私立探偵を生業にし出した主人公・麻生の物語です。
だからまあ、推理小説・・・です。
うんでもごめんなさい、個人的にはやっぱり「麻生と練」の物語だと思えてしまいました。
だって、ねえ・・・。

私立探偵・麻生龍太郎私立探偵・麻生龍太郎
(2009/02/28)
柴田 よしき

商品詳細を見る


ああ、結局そういう流れになったのね・・・とちょっと切ない。
でも本作中で描かれる麻生さんと練くんの絡みに萌えたことは正直な気持ちです。
というか練くんが可愛い・・・お猫さまではないですか。これで萌えるなってほうが無茶ですよ、柴田さん。
ちなみに練くんのその後が見れる本も借りたので、それもそのうち読もうと思います。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/496-0f09112e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。