フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31-Wed-19-28

母べえ

母べえ/2007/日本

これもTVで見た映画・・・。
昔はあれですね、「どうせTVでやるんならわざわざ映画館行かなくてもいいじゃん」なんて思ってたものですが、最近は本当に見たい作品は映画館に行くべきだよなあと思います。それでこそ初めて映画を映画として味わえるというか・・・個人的には画面の大小とか音響はともかく、途中に入るCMがねー。雰囲気ぶった切りですよ、もう。

と、それはともかく山田洋次監督による戦争映画です。
といっても直接的に戦争を描くのではなく、戦時下における一家の悲しくも愛おしい日々を描く・・・というかんじでしょうか。主人公は吉永小百合。清く美しくけなげな妻として、夫(思想犯で投獄されている)を信じ、娘たちを支えるという聖母のような存在として作中に君臨します。

うんまあ、吉永小百合に求められるイメージってこうなんでしょう。
いつまでたっても何歳になっても清らかな乙女というかんじ。
役者としてはその固定されたイメージはどうなのとも思いますが、この人はもうこれでいいんだろうなあ。ある意味木村拓哉みたいなものかな。演技者として芸達者、というわけではないけれど、本人が自分に求められているものを自覚して(していない場合もあるのでしょうが)、その範囲内で演じている、というかんじ。
昔はそんな俳優さんを「演技じゃないじゃん、素なんじゃん」なんて思ったものですが、年を取ったせいか、最近は「カメレオンタイプの俳優と本人素のままの俳優と、どっちが上ってわけでもないんだろうなぁ・・・」と思えるようになりました。
いや、勿論演技がたくみで、見るたびに違う個性の役柄を演じられる人のほうが素直に感心はするのですが、きっと芸能界というものはそういう人ばかりで成り立つものでもないのでしょうし。スターの個性ってのは、役柄にあわせるとかそういうものではないのかもしれない・・・です。演技なんて、分からないですけど。

まあそんな御託はともかく、この映画のお目当ては浅野忠信でした。
ヘタレで文学かぶれな学生、って、ちょっとワイルドさが売りの浅野さんには珍しい役柄だと思ったので。あ、上記のことでいえば、浅野さんはカメレオンタイプですよね。二枚目でも三枚目でも悪役でもヒューマンドラマでもなりきれちゃうってかんじ。山田洋次作品にも自然にとけこんで、そして自然に泣かされてしまいました・・・。

映画として云々というのはあまり思いませんでした。
まあド直球の話です。
でも泣けた。
戦争ものですが、作中には空襲や戦場というシーンは出ませんので、そういった描写が苦手だという人にも見られる作品に仕上がっていると思います。だからこそあえてリアリティをなくしたのかな・・・とも思いますが、深読みかな。家のセットが、「セット」ってかんじだったのです。TVドラマみたい。
まあ全体には突出している部分はないけれど、大きく外したという部分もない作品。
悪くいえば無難な気もしますが、よく言えば安定感どっしり、ってかんじ。

しかしこれに鶴瓶は必要だったのでしょうか?いえ決して鶴瓶が悪いという意味ではなく・・・。
あとラストで現代を持ってきたのが唐突に思えました。「おっと、いきなり戸田恵子かよ!」みたいな。
そうそうそれと壇れいが綺麗でした。
壇れいと浅野さんが印象的だったなー。


母べえ 通常版 [DVD]母べえ 通常版 [DVD]
(2008/07/25)
吉永小百合坂東三津五郎

商品詳細を見る


もちろんサユリストも見て損はしないと思います。
吉永小百合ファンによる吉永小百合ファンのための映画、というように思いました。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/494-d8ca76e0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。