フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31-Sun-22-34

幽霊飴+六道珍皇寺

順番間違えました。
2009年の10月、京都をふらふらしていた時に幽霊飴を売っているお店を通りかかったのでした。

みなとや幽霊子育て飴本舗さん。
店構えも小さいし、うっかり見過ごすところでした。学生の頃近くに住んでた(徒歩圏内!)はずなのに気付かなかったのは、この小ささのせいかなぁ・・・でもこの看板のインパクトは大。そこに書かれた文字のインパクトも大。そうと知っていれば見過ごさないでしょう。
うん、だから私は多分この店のある小道を通りかからなかったんだろうなあ。横道入ったところにあるので。
死後に生まれた赤ん坊のために、幽霊が夜な夜な買い求めたといういわくつきの飴です。1袋しか買わなかったけど試食もさせてもらいました。昔ながらの味わいです。すっごく甘いというわけではないけど、ほのかに甘くて素朴な味です。私は好き。飴は帰省した時に祖母にお土産として渡しました。飴好きなので。祖母も話は知ってたみたいで、わりと有名なんだなーと改めて思いました。

20091014153642.jpg

20091014153508.jpg

yurei2.jpg

それからそのご近所の六道珍皇寺。
ここも行きたかったんですよう、だって地獄への通り道があるんですよ!ロマン!
平安時代の貴族、小野篁はかなりの変人だったようで、そのせいか、当時から「あの人は昼間は朝廷で仕事をして、夜になると閻魔大王の家臣として勤めているらしい」なんて噂があったそう。この世とあの世をつなぐのはこのお寺の本道の裏手にある井戸で、戸の向こう側から見ることが出来ます。
夜な夜なあの井戸を出たり入ったり・・・いやあ、なかなか恐ろしい光景ですね。そんな噂が蔓延するほどの変人って、どんだけだったんでしょう。
「あの世への入り口」って文字が素敵です。素敵に胡散臭いくせに、それを名乗るだけの歴史があるってのがかっこいいですねえ。

20091014152722.jpg

20091014152709.jpg

行ったのが平日だったせいか、人気がなくていい塩梅でした。
秋の京都って混み混みが定番なんですけどね。ちょっと横道に入ったりすると、案外人が少なかったりしていいものです。4年も住んでたし今もたまに行ってるというのに、まだまだ行ってないところがたくさんあるものです。奥が深い、京都。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/476-ded5ba28



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。