フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-25-Thu-21-45

アラビアの夜の種族

アラビアの夜の種族/古川日出男/角川書店

刊行当時、話題に話題をよんだ第23回日本SF大賞受賞、第55回日本推理作家協会賞受賞作品。
ずっと気にはなっていたのですが、その分厚さにしり込みする事はや幾たび・・・今更ながら読了しました。いやいや面白かったです。

舞台はナポレオンがエジプト侵攻を企む時代のカイロ。
迫りくるフランク艦隊に対抗する唯一の手段として考案されたのが、読む者を破滅に導くという『災厄の書』の作成。
それは遥か昔から伝わる伝説の書。
あまりの魅力、悪魔的な物語の魔力によって読むものを恍惚へと導き、心神喪失状態に陥れるのだという。
それをナポレオンの手元へ届けるため、夜毎行われる「物語り」。
夜の種族の語り部ズームルッド、エジプト一の書家とその従者、そしてこの企みの首謀者・美しきマムルーク(奴隷騎士)アイユーブ。この4人によって『災厄の書』はしたためられる。

というのが、まず第1の軸。
そして第2の軸が本書の8~9割の分量を占めている『災厄の書』の本編・・・語り部ズームルッドが語る「伝説の物語」です。
この1と2が交互にやってくる入れ子構造になってるんですね。私的には、もう圧倒的に『災厄の書』パートの方が面白かったです。
『災厄の書』には主人公が3人登場します。
蛇の邪神と契りを結ぶ異形の魔術師アーダム、
森の一族に育てられた無色(アルピノ)の捨て子ファラー、
生み捨てられた麗しの王子サフィアーン。
この3人がそれぞれの人生を歩み、対面し、そしてつむがれる物語・・・魔法あり、剣戟あり、美しいお姫様に王子様、おまけに悪の魔法使い。これぞ「物語」、これぞ「おとぎばなし」!ってかんじです。
こちらパートのキャラたちだけを見れば、そのままラノベに流用出来そうなくらいのテンションで、出だしの歴史小説っぽい部分で引いちゃった方には、いっそこちらから読み出すことをオススメしたいくらい。

物語はやたらと流麗で装飾的な美文調で語られるかと思いきや、妙なところで現代語っぽい口調(スラングっぽい?)でキャラが喋りだしたり。
人によってはこれが気になるかな?というところですが、私的にはそれがいい意味でアクセントになって、リズムを生んでくれたかんじですね。この流れに乗ってしまえば、結構サラサラ読めると思いますよ。私は第2部以降ぐっと読みやすくなりました。やっぱり物語の主人公は美しくなくては!

個人的なお気に入りは、もちろんサフィアーン。
白い美貌のファラーとの掛け合い部分が楽しかったです(笑)
この二人の対面シーン、どこかで読んだような・・・と思ったらアレですよ、魔界都市新宿のドクターとせんべい屋さんのノリでした。(作中の地下迷宮も「新宿」っぽいし)こんなこと思ったのは私だけでしょうか・・・このコンビがもっと見たかったなーと、しみじみ。
ちなみに妄想キャストはサフィアーン=O・ブルーム。どうでしょうか、これ。天然王子。

さて、「推理作家協会賞受賞」というだけに、最後にオチが用意されているのですが・・・それは別に「ふぅん、そうきたか」ってくらいのもんでしたね。正直、ちょっとあっけなかったような気が。
あとは「SF大賞」なのですが、これは自分が「SF」に疎いもので、どの辺がどう「SF」なんだか分かりませんでした。きっとSFの定義って私が思っているよりはるかに大きいものなんだろうなぁ・・・

個人的には「幻想歴史ファンタジー」かな?という印象ですが、ジャンルは何にせよ、とても楽しい「おとぎばなし」でした。
この分厚さに挑戦するだけのことはあると思いますよ。
文庫も出たみたいですしね。
それにしても作者さんは自身の物語を「面白すぎて読み止められない話」なのだと自分で言ってるのだから、まぁずいぶんな自信ですよね。それだけ気合入れた本だったのでしょう。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/47-ee93aab4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。