フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-15-Sat-18-20

少女マンガにおけるホモセクシュアリティ

少女マンガにおけるホモセクシュアリティ/山田田鶴子/ワイズ出版

一ヶ月くらい前に読んだ本なんですけど、軽い感想を。
えーとタイトル通りの中身なんですけどね、はい、タイトル見た瞬間図書館から借りていたことは否定しません。

どうもコレは、作者が大学?大学院?の論文としてまとめたものを出版することになったものらしく、そういう点で、作者本人が純粋にこの道・・・というか、つまり昔で言うJUNE、今で言うBL、それともそういうものを好む女性心理のいずれかに興味を持っているのか?というのはよく分かりませんでした。
たぶん一番後者なんじゃないかなあ。「とにかく好きなのっ!」って気持ちが伝わってこなかったから(ま、卒論だと思えばそれもしかりなんですけどね)。

全体の印象としては、まあざっくりした概要ですね。
特に70年代に登場した美少年ものを源流として語られています。ただし、現在のBLの隆盛については手付かずです。
その辺がちょっと不満でした・・・。
まあ無難といえば無難ですが、70年代に性的に鬱屈していた少女たちがいわゆる美少年に自分を仮託して「禁断の愛」を楽しんだ、という点でまとめようとしているのでしょうが、仲間うちだけでひっそりと楽しむものであった70~80年代のいわゆるJUNE的なものと、90年代後半以降のあっかるいBL作品とでは、なんというかその根源にあるものが別な気がするんですよね。
でもまったく別なわけではなくて、私自身も確かにその両方のジャンルの喜びを受ける身なものですから、やっぱり共通するところはあるわけで・・・
その辺のところをさっくり無視して纏め上げている点がちょっと引っかかりました。

まあ、BL(JUNE、やおいを含む意味での)の簡単な歴史という点では初心者向けにいいんじゃないでしょうか。ソコソコ知ってる自分としては、特に目新しい意見はなかったのですけどね。
まあ学生論文にそこまで求めるものではないかなー、と思います。
しかしこの人、自分が特別JUNEものが好きではないんだったら、なんでわざわざこんな題材を選んだのだろう。(いや、最後まで読んでもやっぱりこの人別にJUNE好きじゃないと思ったんです)
ま、ガチな人じゃないほうがかえって客観視できるものなんでしょうけどね・・・。

少女マンガにおけるホモセクシュアリティ少女マンガにおけるホモセクシュアリティ
(2007/07)
山田 田鶴子

商品詳細を見る


個人的には、やっぱりJUNEの源流は森茉莉、さらには吉屋信子あたりの女学校浪漫のあたりまで遡るべきだと思います。精神の結びつきをこそ至上とするあたりに同じ臭いを感じるので・・・。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/466-a7cfeb02



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。