フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-03-Mon-19-14

夏の京都旅行

最近京都に行くことが続きました。

①宇治へプチ旅行

ってコレ、実は一ヶ月ほど前のことなんですけどね・・・。なんとなく記事にし損ねていたので、いまさらですがUP。
宇治といえばお茶と平等院!というベタなコースですが、人生で初めて行きました。

20090704121545.jpg

20090704124415.jpg

天気がよくて、青空と平等院がいいコントラストでした。
鳳凰堂の中に入ったのですが、係員のお姉さんの解説が見事。プロやねってかんじの流れる解説。
1000年近く昔の木造建築が残っているってこと、日本は外国に比べると昔の建物の保存に気を使わない・・・ってのはよく言われる話ですが、そもそも木の文化と石の文化じゃ、残る率がぜんぜん違うし、「残す」ってことに重きを置くかどうかはそれこそその国ごとの価値観というか。日本は台風も来るし地震も多いし、「壊れたらしょうがないよね」ってある種あきらめにも似た(かっこよく言えば「諸行無常」?)感覚があるのは仕方ないんじゃないかなと、最近思うようになってきました。
いや、古い建物は大好きですし可能ならば残していく努力をしてほしいんですけどね!
個人的には鳳凰堂の中にある「飛天」がとてもとても素敵だったのですが、残念ながら写真は厳禁とのことで・・・。
仏像流行の昨今ですが、私はあまりそういう観点で仏像をみることはありません。見て癒される・・・とか、もうぜんぜん。
でも飛天は綺麗だったなあ。阿修羅とか弥勒像とか、ああいうかんじの華奢で優美なかんじのフォルムは、ただ単純に見ていて気持ちがいいものです。飛天のために、また違う季節に行ってもいいくらいでした。
あ、お茶もおいしかったです!でも私が食べたのはランチセットでした(笑)
うーん、風情がない。

②恵文社一乗寺店~納涼床の旅

つい先日はかねてから行きたかった本屋さん、「恵文社一乗寺店」に行ってきました。
京都では有名な本屋さんですよね。ガイドブックにもたくさん載ってる、オシャレ系セレクト本屋。雑貨も取り扱い多し。
アドレスはこちら⇒http://www.keibunsha-books.com/
期待を裏切らない素敵空間でした。店員さんも、来店者さえもセレクトされてる雰囲気に飲み込まれて、うっかり余計なものまで買っちゃいそうなところです。また行きたいなー。
ちなみに買ったのは小説版『トーマの心臓』。感想はまた後日。あ、お店のブックカバーもちょっとかわいかったです。それから1m×1mくらいの水玉の布。最近水玉がちょっと好きです。
ほんで以前雨に降られて敗北した鴨川の「床」に再チャレンジ!と思ったのですが、前菜・・・あたりまでいったところで急に大粒の雨が!
あわててグラス片手に中に避難しました。結局半分以上中での飲食だったけど、床の雰囲気は味わえたし店員さんたちのパニックぶりの楽しかったし(笑)、これはこれでよかったです(笑)
写真、ちょっと暗いなあ・・・。

20090802171039.jpg

20090802171115.jpg

おいしゅうございました。

どちらも同行の透子さん&初音さんありがとー!
遅刻してすいませんでした!
またどっか行きましょうv

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/461-c7b63c63



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。