フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-29-Mon-22-37

アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー/2006/日本

またまた見てから随分間のあいた映画の感想を。
同名小説の映画化ですね、原作は伊坂幸太郎。次々と作品が映画化されていってるみたいなのですが、伊坂作品の映画を見るのは(多分)これがはじめて。
配役を若手俳優でいけるし、爽やかで切ない系のミステリ、ちょっとオシャレ・・・ってかんじでもてはやされているのでしょう。でもこういう系のトリックのものを映像化するってのは「どういう風になるんだろう?」と、原作既読者の視点からの観賞になりました。

物語の舞台は、某地方都市。
大学進学とともに一人暮らしを開始した主人公は、同じアパートの隣人である「カワサキ」から、奇妙な依頼を受けます。それは「本屋を襲撃して、『広辞苑』を盗もう」というものでした。
奇妙な隣人の奇妙な依頼、そしてそれを実行してしまうというとんでもない行動力に、主人公である青年は振り回されっぱなし。
謎めいた、だけど確かな魅力のあるカワサキは、主人公にとある思い出を語ります。それはほんの少し前、カワサキとカワサキの恋人だった少女と、遠い国からやってきた留学生の物語でした・・・

という、お話。
原作は結構前に読んでいたはずなのに、わりと筋は覚えていましたね。こういう叙述トリック系(で、いいのかな)は好みだから、印象的だったのでしょう。
ストーリーもまあ原作の通りなので、私としては「なるほど、あの原作の流れを映像化するとこうなるのか」という目線でしか見れませんでした・・・。
個人的には瑛太と松田龍平の配役はOK。瑛太の飄々としているからこそちょっと不思議な人物像と、松田龍平の特異な魅力がいいかんじでしたね。
あんまり原作通りだったので、正直映画としての感想はあまりないのですが・・・うーん、まあ、普通かなあ。ああ、でも原作を読んでいる私がマイナスな印象を抱かなかったということは、映画としてきちんと原作の世界を再現できてたってことかな?
物語の流れを知っているせいか、「泣いた」とか「感動した」というところにまでは至りませんでしたが、原作を知らずにこの作品を見たという同僚に聞いてみたら、「あれは良かった!」と言っていたので、原作未読の人にはあのストーリーが斬新で印象的なものだったのかも。
これから見ようという方は、原作を読まないほうが映画として楽しめると思います。

レビューの評価もいいようですが、好き嫌いがあるみたい・・・。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/452-6b202b35



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。