フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-31-Sun-22-17

JUNEなるもの

栗本薫の話はこの前の記事で終わるはずだったのですが、あんまりいい文章を見つけたので・・・。
『となりの801ちゃん』で有名なオタガール、801ちゃんが御大の死についての文章をあげています。(下にリンク)

http://indigosong.net/2009/05/june.html

そうそう、今のBL世代にとっては、栗本薫なんて全く興味も意味もない存在なんでしょう。
でもね、今の若い人たちに「この人がいなかったら今のBLはなかったんだよ」って教えてあげたいなあ・・・それを御大が喜ぶかどうかは分からないけど。

「BLとJUNEは違う」って言っていた人だから、今のBLマンセー時代は遺憾だったんじゃないかな。
BLが悪いというわけじゃなくて・・・でもそれを言う権利のある人だったし。
それでも近頃は随分明るくてお手軽なだけじゃないBL漫画や小説が出てきてますよっていえるようになってきた頃のこの訃報・・・残念極まりないことです。

知ったふうなことを言う私でさえもリアルタイムの人たちとはきっとずいぶん差があって、本当にリアルタイムで御大のJUNE作品や『小説道場』を読んで・・・もしくは投稿して・・・いた人たちにとっては、ほんとうに精神的な柱であった人なんじゃないかと。
世界最長のファンタジー小説作家という報道のされ方はしても、絶対にJUNEの生みの親という語られ方は(公には)されない。それは当然かもしれないけど、この人がいなければ、あの人もあの人も作家というものにはならなかったかもしれなくて、そうなるときっと今第一線で活躍しているあの人たちも書き手にはなっていないのかもしれない。
そう思うと本当に、腐女子的文学史の1ページ目を飾るべき人だよな、と。

そうそう、そういえば801ちゃんはコミックの中でも「BLとJUNEの違い」を言っていたりして、ああ古いタイプの(←いい意味で)腐女子なんだなと思ったことがあったけど、思っていた以上に若くてびっくり。もうちょっと上(同世代)かと思ってた。目覚めが早かったのね・・・。

上の記事と、それからこの次の記事が秀逸。
いや、そう思うのはきっと同じ匂いがする仲間だけなんだろうけど、JUNEっていうジャンルの作品がどれだけ特別なものだったかというのがよく分かる文章だと思うんです。
私の場合は思春期にJUNEにいったわけじゃなく主にアニメに走ったわけですが、JUNEに惹かれる自分は否定できなかったもんねー。
今でもBLという言葉よりJUNEという言葉のほうに心惹かれる。ライトとかディープとか、ラブコメかシリアスロマンかという違いじゃなくて、それは、なんというか・・・やっぱり、思春期的なものなんじゃないかな。
読んだことがあるかどうかじゃないんだ、感じるか感じないかなんだよ。
中二病って決して悪いばっかりの意味じゃないと思うんですが、どうでしょうか?

とりあえず『サミア』買ってみるか。

サミア (CITRUS NOVELS)サミア (CITRUS NOVELS)
(2008/12/09)
須和 雪里

商品詳細を見る


どうでもいいけど、私が思春期の頭の頃に神だと思っていた作家は森奈津子でした。

お嬢さまとお呼び!お嬢さまとお呼び!
(2008/03/12)
森 奈津子

商品詳細を見る


この人のセンスはちょっとハンパなかった。
誰も追随できてなかったし、今もできてないと思う。
ラノベの世界には帰ってこないのかな・・・。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/448-48d8e318



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。