フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-31-Tue-21-48

NHK 白洲次郎

間があいてしまいました・・・もう4月か。信じられない。
えーと超今更なんですが、やっと見れたNHKスペシャルドラマ『白洲次郎』の感想を。

先日、三部作のうち2作だけが放送されたんですね。
3部は8月放送予定だとか。8月に再放送予定だそうなのですが(たしか原田芳雄の急病ですね)、それを見て改めて3作目を見たいなあと思います。うん本当、TVドラマってそんなに見ない私がそれくらい「見てよかった!」って思うドラマでしたよ。うーん、よかった。

主人公の「白洲次郎」さんについては、皆さんご存知の通り・・・とかいって、私も大学生くらいになるまで知らなかったんですけどね。しかも正子さんから入ったクチです。教科書に載ってる人ではないけれど、本屋さんでは文庫が平積みされていたりしていて、知らず知らずのうちに目にしている人もいるのでは。
戦後の日本で尽力した、「吉田茂の懐刀」なんていわれた快男子・・・だそうですが、これだけだとなんだか漠然としていますね。まあその辺気になる方は軽くググッていただければ、いくらでも情報は出てくるでしょう。私もそんなに詳しくないし。

まあそのうち誰かがドラマにしたり映画にしたりするんじゃないかなというこの人物を、ドラマ、それも三部作で、伊勢谷友介&中谷美紀主演、と、軽い邦画ばりのキャスティング。いや、キャストだけじゃなくって、映像の美しさとか、イギリスロケ(だよね?)とか・・・いい意味で「映画みたいな」ドラマでした。
見ていて感心したのは、陰影の美しさかな。影が印象的な映し方でした。
あと次郎の父親の死に方とかも、緑美しい畑にばったり倒れて、自然と老人の対比が焼きついて・・・いろんな部分が「こだわってるんだろうなあ」と思わせてくれる作品で。
普通こういう歴史ものをやると、重厚なキャストで重々しい内容で、いっちゃあ悪いけれどもやや昭和の香り的な(それはそれで嫌いじゃないけど)、重くしようと頑張ってる感のお茶の間ドラマ臭がするんですけど、この『白洲次郎』に関しては、主演が若いということもあるのでしょうが、全体を包む雰囲気そのものが「やってやるぜ!」って意気込みを感じる作品になっていたと思います。
・・・ああ、でもそこが「入りにくかった」って人もいるのかもしれない。

ネット情報ですが、この作品を作るにあたり、白洲夫妻の娘さんが言われたことがあるそうです。
それは「安易なホームドラマにはしないで下さい」ということ。
白洲一家がギスギスしていたというわけではなく、決してお涙頂戴に流れるようなキャラクターではなかったということでしょう、次郎さんも、正子さんも。
2作を見た後にそれを聞いたのですが、すごく納得しましたね。

視聴率路線ではない、こういう作品に3部だなんて枠をとれるということ。
知名度優先のキャスティングで商業主義に走らない作品を追求できるということ。
この前番組終了した『その時歴史が動いた』でも思ったのですが、金銭主義に走らない番組作りができるのって、やっぱりNHKならではってかんじがします。特別NHK信者ってわけではないけれど、たまにこういう番組を見ると、「やっぱり国営放送って必要なのかもな」って思っちゃうことでした。

8月が楽しみです。
録画しなきゃね。
気になる方は是非再放送を!
これはもっとたくさんの人に見て欲しい作品です。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/441-7bafff97



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。