フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-24-Sat-20-30

ブッコフにて

先日某大手中古書店に行ったときのこと。

それなりに身だしなみに気を使っているいかにも最近の若手サラリーマン、といった風情のスーツ姿の男性が携帯電話で会話をしていました。

「あんなー、推理小説っていったら誰やと思う?ちゃうちゃう、東野圭吾じゃなくてー・・・俺あれ読みたいねん、あの、ゴールデンなんとか言うやつ書いた人の新作!ゴールデンやって!最近人気のある人で、ゴールデンまで出てんのに作者名が出てこーへんねん!!」(エセ関西弁)

と、この話を聞いてしまった私は心の中で

「お兄さんお兄さん、それ多分伊坂幸太郎☆」

と呟いたのですが、実行にうつすことは出来ませんでした。残念。

 



今思えば、言ってみてもよかったかも。
チキンな私にはハードルの高いことですが・・・。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/423-a6289e15



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。