フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-16-Fri-22-51

ヘアスプレー

ヘアスプレー/2007/アメリカ

年が明けて最初に見た映画がこれでした。
なんともお正月らしくて明るくて楽しくてよかったです。ミュージカルって苦手な人は苦手らしいですけど、私は結構好きですねー。あんなふうに体を思いっきり動かせられたら楽しかろう、と思います。や、全然踊れないですけどね・・・。

主人公は巨体の女子高生・トレーシー。
踊ることが大好きな彼女は、TV番組の公開オーディションに参加することになった。細くて華奢な女の子ばかりの中で馬鹿にされる彼女はしかし、持ち前の明るさですべての困難を乗り切っていく。

という、まあわっかりやすいサクセス&ラブコメ作品なんですが、この作品のポイントは舞台が60年代の黒人差別まっさかりのアメリカってとこでしょうかねー。人気TV番組に黒人が出ることを制限されて(あ、黒人って表現は差別でしたっけ。まあ分かりやすくするためだと思って下さい・・・)いた時代で、もちろん白人と黒人のカップルなんて言語道断。平等主義なんて言おうものなら政府から「危険思想者」扱い、という・・・

そんな時代からたった40年ぽっちしかたっていないのに、まさか黒人大統領が登場するようになるとは。時代の移り変わりって本当に速いものだし、また世の中の常識ってのも大概当てにならないものだなって思っちゃいますね。(でもそれでも真の平等には遠いんだろうけど)

ま、そんなことすらこの世界の中ではあっけらかんとしてしまうんですけどね。
とにかく余計なことを考えずに歌とダンスの世界に浸りたいときにはオススメです。
主人公の女の子を可愛いと思えるかどうかに全てがかかっているような気もする・・・


COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/420-ce8b8904



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。