フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-23-Tue-22-25

レッドクリフ 

レッドクリフ PartⅠ/米・中・日・台湾・韓/2008

ちょっと今更になりますが、見てきました「赤壁」!
いや~こういう大作映画ってなかなか劇場まで行く気にならないんですけど、でも大作って劇場で見てナンボなのかもしれませんね。だってドカーンバコーンっていう迫力はやっぱり大画面ならではなのだし。というわけで、思ってたより全然楽しめた作品でした。

あらすじは・・・まぁ三国志なのですけど、でも三国志を全然知らない方でも問題ないと思います。
三国志という超大作の中でもハイライトと言われる「赤壁(せきへき)の戦い」に焦点を絞った戦国絵巻ですね。登場人物てんこ盛り、いろんな出来事おこりまくりの三国志の中で、描きたいテーマを絞りに絞ったってかんじですね。
構図はとにかく、「悪役・曹操VS劉備・孫権コンビ」です。
いろいろな意見はあるでしょう。曹操サマはそんなに悪どくない!とかね。でもエンタメ大作としては、この分かりやすさが成功の秘訣だっただろうなぁと思いますよ。
古代の戦術とかも、「○○の陣」!なんて言われてもうまく想像できませんが、映像にされるととても分かりやすいし・・・騎馬兵を引きずり倒す→集団でリンチ、というえげつなさもある意味リアル。人海戦術の戦闘シーンは迫力満点で、なぜかロード・オブ・ザ・リングを連想してしまいました。
それに日本人にもお馴染みの各キャラクターもイメージに近かったし・・・と、そう思うのは私が小学生のころに横山光輝漫画の三国志を読んだっきり、というせいなのかもしれませんが・・・ああ、このキャラクター像にも思い入れのある人はダメなんでしょうね。たしかにちょっと漫画っぽいというか、「それやりすぎでしょ!」というところもありましたから。関羽の顔とかまるでよく出来た人形みたいな。
どうも全体的に三国志ファンの方からの評価は高くなく、三国志?ナニソレ?という人からは「まぁ面白いよ」という評価のようですが、それもまたさもあらん。ファンというのはなかなか難しいものですねって、新選組ファンの私は他人事のような気がしません(笑)

ともかくこれは「三国志」ではなく、「レッドクリフ」というスペクタクル戦国映画なのだと割り切って見れば、面白い作品ではないかなぁと思うのですが・・・。
約2時間半という上映時間も、戦いばっかりのわりに、退屈せずに見ることが出来ましたもの。大作苦手の私としたら、なかなかこれは珍しいことですよ。

ちなみに日本語吹き替え版だと周瑜が山寺さん、尚香が朴路美、献帝が石田彰なのだそうで。・・・わお、豪華(笑)

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/411-7c9cc89c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。