フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-27-Thu-23-01

美女と竹林

美女と竹林/森見登美彦/光文社

奇想天外な作風で若い女子に大人気の(?)森見登美彦の処女エッセイ・・・エッセ・・・イ?という本。それがこの『美女と竹林』です。

タイトルだけでは、なにがなにやら分かりませんね。
はい、読んだ後でもこのタイトルの説明は上手くできません。
とりあえず、森見氏は竹林が好きらしい・・・で、『美女と竹林』の連載(雑誌連載だったそうな)のネタとして、知人所有の竹林の手入れをさせてもらうことにした、と。
果たしてこれは森見氏と竹林とのめくるめくドキュメンタリーなのか、それともそれすら森見氏の机上の妄想なのか?そのへんすら判然としないこれは、半エッセイというべきでしょうか。
ともかく森見氏の語る妄想竹林ビジネス論と、それに付き合わされる・・・いやむしろ進んで付き合っている森見氏周辺の物好きな人々との愉快な交流を楽しむべき本作。

気楽に方の力を抜いて、ハハハーンと読みましょう。
いやー森見さんて(多分)頭いいから、シュールすぎて付いていけないかもねと思っていたのですが、いざ読んでみると予想以上に面白く読めました。読んでみるとなんだか親近感も持てたり。森見氏と友人の明石氏のやり取りは楽しそうで面白そうだわと思いつつ、でも自分のそれも傍から見ると似たようなものかなと思っておかしくなったり・・・
私も「婿を大事にする女だ」と誰でもいいから伝えてほしい。そんな気分になりました。

いやいや、サラッと愉快な一冊でした。
森見氏の著作が世に出る頃のエッセイでもあるので、(『夜は短し~』とか)森見氏の作品をいくつか読んだことのある人なら一層面白く読めるのではないでしょうか。

美女と竹林美女と竹林
(2008/08/21)
森見登美彦

商品詳細を見る


桂駅で阪急蕎麦を食べたくなりました。
やたら桂がフューチャリングされているので(森見氏が伐採する竹林が桂にあるそう)、周辺にお住まいの方はにやりとするかも。
いやー京都って地名だけで若干のロマンがありますよね。強いなーと思います。

COMMENT

2008-12-02-Tue-23-00

竹林の存在すら怪しいよね。
桂に住んでいる友達がいるので、本当に竹林があるのかどうか尋ねてみるよ(笑)

森見好きは食いつかないのかな?
私はむしろ小説よりおもしろ・・・ゲフッ、ゲフン!
2008-12-02-Tue-22-44

うん、ぐにゃぐにゃしてるね。
そもそも竹林に行ったかどうかも分からないね。
でもそこがいい。

でも森見好きのはずの友達に貸したらパラ見速攻で返されましたよ…しょんぼり。
2008-11-30-Sun-23-58

読んだ読んだ。
確かに森見作品をいくつか読んだ人のほうが楽しめるエッセイだね。

しをんは妄想と現実の境目がはっきりしてるけど、森見さんは境界線がぐにゃぐにゃしてないかい?果たして鍵屋一族が現実に存在しているのか、はなはだ疑問であるよ!楽しいけどさ(笑)
2008-11-30-Sun-18-29

おー読んだのかい。
初めて森見氏の本を読む人には決して薦められないけど楽しいよね(笑)

妄想過多っぷりが三浦しをんを彷彿とさせるのは私だけかしら。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/406-1a478339



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。