フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-03-Mon-11-59

皇国の守護者

皇国の守護者/原作・佐藤大輔 漫画・伊藤悠/集英社

結構有名なんですよね?
私もタイトルだけは聞いたことがあってずっと気になっていた戦争漫画(原作は小説)です。あまり少年漫画ぽいのは敬遠していたのですが、これは結構ガッツリ戦争してるよ~と聞いて、友人に貸してもらったのです・・・が。
正直、読了後は「すっごいよかった!」という感想と、「ひどい話だ!」という感想が同時に襲ってきました(笑)

ではまずざっくりしたあらすじを。

小さな島国である「皇国」は、未曾有の危機に晒されていた。世界を掌握する大国家「帝国」が、突如として進軍してきたのだ。
火急の事態に軍備をまとめる時間すらない皇国は、北部駐在軍に、帝国軍の本土上陸を阻止するための徹底交戦を命じる。軍事の規模そのものが圧倒的に違いすぎる皇国と帝国において、それがどれほど非情なことであるかは重々承知の上だった。
主人公である新城直衛中尉は、<剣牙虎>と呼ばれる猛獣部隊の一員。帝国側からは「獣」と揶揄される<剣牙虎>は、しかし主人の言うことを忠実に守り、鋭い爪と牙で勇猛に戦う立派な軍人だった。
圧倒的不利の立場から、命じられるままに、過酷な状況を切り抜けていく新城。その命令がどれほど理不尽なものでも、どれほど人が死んでいくだけのものでも、新城はそれを果たさなければならない。新城が軍人であり、そしてそれが確かに皇国に住む人々を守るのだと信じていられる限りは。

という・・・ちなみに裏表紙には「戦記浪漫」とあります。
たしかにこれ以上ないくらいに戦争してます。虎とか龍とか出てきますが、なんちゃってファンタジーに逃げ込んでる隙はありません。がつんと人間対人間、血みどろの戦争です。
いやあ人が死にます。

敵が死ねば、味方が死ぬ。
こちらが勝てばあちらが負ける。逆もまたしかり。
正義が勝つというのなら、どちらが正義だ?
勝ったほうが正義なのさ、強いものが正義なのだ。

ってかんじですかね。
これほどボロボロと人が死ぬ話とは思わず、1巻の最初のほうではメインキャラクターかと思っていた人があっさり死んで、ちょっとショックだったのですが・・・段々「これはそういう話なんだ!」と思って、覚悟して読むようになりました。
いやそれでもショックでしたけど(笑)メインキャラだから死なないなんて保障はない世界。それが「皇国」だし、リアルな戦争ってものでしょう。

とまあ、上にあげたようなところが「ひどい話だなあ」という点だったのですが、漫画としては非常に面白かったです。
絵がね!上手いんですよー!
きらきらと煌びやかな上手さではなくて、でもキャラクターの描き分けとか動いている人間の体つきとか、走る虎や馬の躍動感とか。細かい点は置いておいても、こういう戦争ものではどうしても大軍シーンを描かないといけないし、人をいっぱい、入り乱れた状態で描かないといけないものですが、それが実に自然に表現されてます。漫画はひとつひとつのコマが小さいし、どうしても顔アップとか個人人物の描写とかをしてしまいがちだと思うんですが、この作品は煽りと引きのバランスが上手くて、雪原の戦場というスケール感を感じさせてくれました。

いやー腕だなあと思います。
上手くないとこういう話は描けませんね。
よくピンの人物像が綺麗な絵をして「上手い」と言われたりしますが、そういうのはたぶん漫画家としてはそれほど褒め言葉ではないと思うんです。絵が上手いのと漫画が上手いのは別ものですが、この「皇国」の漫画担当である伊藤さんは、久しぶりに「漫画上手いわーこの人!」と思った漫画家さんでした。
(もっとも最近は少女マンガ寄りのものばかり読んでいて、こういう大掛かりな設定の作品自体久しぶりだったので余計にそう思ったのかもしれませんけど)

評判はいいはずと思ったのですが、5巻で打ち切り?なのだそうで。
もったいなさすぎ。このスケール感で維持し続けていってくれたら、後世に残る戦争漫画になったと思うのですけどね、どうにかならないものでしょうか。
だってこの悲痛な話を原作で読もうという気にはなかなかならないのですもの・・・。
続き、気になるんですけどね・・・。龍軍を指揮する新城が見たい、見たいです・・・。

皇国の守護者 (1) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 (1) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
(2005/03/18)
佐藤 大輔伊藤 悠

商品詳細を見る

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/400-4d23e1d9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。