フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-28-Sun-09-44

天元突破グレンラガン 紅蓮篇

天元突破グレンラガン 紅蓮篇/2008/日本

2007年を代表するTVアニメ・グレンラガンの劇場版を見に行きました。
思えば一人ぼっちでアニメの映画を見に行くのってはじめてだったかもしれない・・・でも恥ずかしくなんてなかったさ。わざわざ遠くの映画館まで行ったけど、それはたんに上映劇場が少なかったからですよ。

で、感想ですが。
要するに総集編です!TVシリーズを4部構成(兄貴篇・ニア篇・ロシウ篇・最終章)とするならば、今回は兄貴~ニア篇でした。(続編は来年やるようです)
前半の兄貴篇はもっぱらTVシリーズの総集編、というかんじでしたね。見覚えのあるカットばかりで・・・もっとも、第1話の映像が多かったので、大画面でも画質が悪いとかはあまり感じなかったです。グレンラガンは元々作中の絵のレベルはよかったですし・・・(例外を除く)。見てる間は「おお!懐かしい!」のオンパレードでした。ところどころにアイキャッチが入るのも上手いなーと思いました。

だた、最後までこれなら映画館まで来なくてもよかったかなと思っていたのですが・・・、後半のニア篇からはオール作りなおしでした。よかった!

勿論ストーリーそのものは同じです。谷底で箱の中からニアが現れて、シモンと出会って・・・という。でもそれをまるっと書き直してあるんですよ。ニアの登場から螺旋王4天王との戦いまでのシーンが怒涛のように描かれます。
この部分、戦闘シーンのテンションの高さはもはや言うまでもないですが、メインキャラクターたちの心理描写がTV版よりも一層丁寧でよかったです。

「兄貴さんは兄貴さん、シモンはシモンです」と言ってシモンに発破をかけるニアに対して、ヨーコが「アンタにシモンの何が分かるのよ!何も知らないくせに!」というのもしごく最もな反応ですし、あと何よりもTV版にはなかった「ジーハ村で地下に閉じ込められた時の兄貴とシモンのエピソード」が泣かせます。
あれほどバイタリティに溢れるリーダーだったカミナにとって、何故シモンでなくてはならなかったのか。シモンにとって、カミナは何故兄貴足りえたのか。
このエピソードはよかった・・・。

前半と後半に結構な差がありますが、とにかく「グレンラガン」らしい劇場版です。TVシリーズが好きだったという人は見にいって損はないでしょう。とにかくあっついです。見終わったら「俺を誰だと思っていやがる!」って言いたくなること間違いなし。
「無茶と通して道理がひっこむ」、いい言葉です。馬鹿アニメってのはこうでなきゃ。
特にヴィラルファン、ヨーコファンの方は是非!

しょこたんの歌もよかったです。
劇場版後編も見に行こう。楽しみです。

天元突破グレンラガン1 (通常版)天元突破グレンラガン1 (通常版)
(2007/07/25)
柿原徹也.小西克幸

商品詳細を見る


※TV版未見の方にはあまりオススメはできないと思いました。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/341-a35a1d84



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。