フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-27-Wed-22-30

WOLF'S RAIN

WOLF'S RAIN/2003/BONES

前々から見ようと思っていたウルフズレイン、やっと全話見れました。
思ったより長かった!(全30話)

内容は、ファンタジー・・・で、いいんですかね。

舞台は荒廃しつつある冷えた世界。人々は吹雪に耐えながら、身を寄せ合うようにして都市や町を形成し、暮らしていた。
その世界には伝説があった。この世界は狼が作ったのだという伝説が。
主人公のキバは、群れを無くし、たった一匹である都市へとやって来た。それは「花の匂い」に導かれてのことだった。世界の租たる狼を楽園へと導く唯一のもの、それが「月の花」であり「花の娘」。狼は本能的にその匂いを察知するように生まれ付いていた。
運命に導かれるように花の娘であるチェザと出会ったキバは、ヒゲ、ツメ、トオボエという仲間とともに、チェザが導く楽園を目指す・・・

というお話です。
ポイントは狼の擬人化ですかね!
狼たちは人間にまぎれるために擬態するんですが、それが結構な男前なんです。でも戦闘シーンはガッツリ狼だったりして、狼と人間の比率的には半々くらい?どちらの動きも華麗でした・・・
・・・いや、この作品本当に絵が綺麗です。キャラデザの川元さん絵が素敵すぎます。でも私正直逢坂さん(故)との区別があんまりつかない。逢坂さんの名前もテロップにあったはずだけど。
このなんというか、骨太なんだけど華があるというか、さわったらガッチリしてそうな質感がちゃんとある絵柄というのが嬉しいです。最近流行の絵って、触ったらツルーンとしてそうなんだもの。
それに狼の動かし方も迫力ありありでしたね。動物を動かすのって、きっと難しいと思うんですよ。基本攻撃は噛み付きしかないし。それでしっかりアクションシーンやっちゃえるって、すごい技術だと思うんですよ。
あとは音楽かなー・・・。最近ニコ動とかでこのサントラ探してずっと聞いてました。さすがの菅野クオリティ。
そうそう声優さんもよかったですよ!
あんまり若手の声優さんは知らないのですが、これで宮野さんの声を覚えました。宮野さんはそりゃ人気でるだろうなーってかんじの甘い声で、後からホスト部の殿なんだと知りました。そうなのか。あと陶山さんのハスキーな声は耳に残りますね。いいお声です。それから人間として好きになったハグ役の宮本さんの声も好き。すごいいい声。

というわけで、絵も音楽も声優さんもとてもよかったこの作品。
評判をあまり聞かなかったのは、TV放映時に(制作の都合で)最後が尻切れになってしまったから・・・かな・・・。中盤に総集編が3回、4回?くらい入ってて、そりゃあさすがにオイオイって思いました。
まあ最初からDVDできちんと最後まで見た者としては、一部「分かりにくい!」と言われた完結の仕方も、まあ少々言葉が少なかったかなーとは思うものの、それなりに納得できるEDではありましたよ。もうちょっとエピローグ見せてほしかったなとは思いますが。
うーん、滅亡する世界から再生へ、という大きなテーマがあるだけに仕方なかったのでしょうが、全体的に悲壮感が漂っていたのは悲しかったかな。それがあるからこそのこの作品ですが、キャラクターが皆魅力的だったんですもん。
ま、それだけに毎回笑わせてくれる次回予告が好きでしたけど。

全体的な印象としては、
「最高だったとはいえないかも、残念だったところもある。
でも力作!その志を私はかう!」
というところです。
類似作品のないアニメだということ、もうそれだけで評価されてもいいくらい。
クオリティがすごいことにも、文句言う人はいないのでは?

WOLF'S RAIN 1WOLF'S RAIN 1
(2003/05/23)
宮野真守三宅健太

商品詳細を見る


そうそうダルシア卿の声もすごい好きでした・・・

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/332-974ba04a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。