フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-29-Sun-18-02

R.O.D -THE TV-

R.O.D -THE TV-/2003

R.O.Dとは「Read or Die」、つまり「読むか死ぬか」=「読まずに死ねるか!」の略。
このタイトルから察しがつく通り、この作品は世にも珍しい「本(読書)」にテーマを絞ったアニメ作品です。しかもそれでいてアクション!なんたるちや!

主人公は日本人作家である菫川ねねね。物語は彼女が自作の映画制作発表のために香港に向かうところから始まる。
悪質なアンチによる妨害を阻止するため、自身の身の安全のために香港で雇われたボディガード、それが「紙使い3姉妹」だった。重度のビブリオマニアである彼女たち(末っ子だけは本嫌い)は、「紙」を自在に操り、物理的に武器として使う特殊能力を備えていた。
香港での滞在が終わると、3姉妹は菫川ねねねの日本の自宅に居候するようになる。
3姉妹は本にまつわる依頼をうける探偵稼業で日銭を稼ぐのだが、その依頼というのはただの本の収拾ではなく、世界規模の陰謀が関わっていた・・・・

というお話です。
元々倉田英之の原作があり、TVシリーズに先行するOVA版が作られているそう。
TVシリーズはOVAの5年後という設定で一応連続したものにはなっているのですが、主人公やメインキャラも異なり、TVシリーズはTVシリーズだけで楽しめます。(私はTVシリーズのみ鑑賞しました)

文系アクションの文句通り、とにかく本が出ます。読んでます。そして戦ってます!
よくこんな企画を通したものだと感心しきり。
これほどまで「本を読む人」が登場するアニメって他にないでしょう。読むだけでなく、神保町に行っては狂喜乱舞、本屋の本を買い占める勢いでカートまで使う始末。積み上げた本が雪崩れをおこすシーンもお約束ですし。
「本が好きっ!」という人なら見ておいて損はない作品でしょう。神保町が後援してるのかとすら思ってしまうほどの神保町賛美すらありました(笑)

でも本ネタだけではなく、アニメとしてもしっかりしたもの。
下の画像でも分かる通りちょっと丸っこい絵柄なのですが、それが動いてみると俄然いきいきとするんです。特にアニタ(3姉妹末っ子)のアクションシーンはいつも感心するほどに動く動く。手足の短いちびっこだけに、スピード感があるんですよねえ・・・
正直絵柄がとても美麗というわけではなく(どちらかというと萌え系路線?私はわりと普通に可愛いと思ったのですが)、書き込みが細かいというわけでもなく(でも町並みとか背景は力入ってた)、ぱっと見だと少々地味かもしれません。「なーんだ、普通」って思ってしまうかも。
でもその過不足のない絵柄で一定の水準を保っているし、ここぞという見せ場の時には十分に動かしてくれるし、私としてはきっちり満足できるレベルでした。

ストーリーとしては、後半になると少々しっくりこないところもあったのですが・・・OVAを見ていればもっと理解できたのでしょうか。私は最後までミスター・ジェントルマンという存在がいまいちつかめませんでした。
あれは一個の生命体?あらゆる知識の集合体という概念は分かったのですが、超人間的存在だというのがちょっとよく分からなかった・・・あとナンシーさんの過去も気になったな(これはきっとOVAですね)。
まあそんなところもあったりしましたが、全体的に破綻なく、でもたまに変化球をいれてくれたりして、アクション満載のエンタメ作品として最終回まで飽きずに見ることができる作品でした。

個人的に特にすきだったのは最終回のラストシーン。
EDテーマ以降のエピローグが最終回なだけに作画にも力が入ってるし、アニタとひさちゃん(友達)はなんだかアンとダイアナというよりはハックルベリー・フィンとダイアナみたいだけど仲良くしてるし、各登場人物たちもそれぞれ幸せそうだし、最後の最後は皆集まってハッピーエンドだし。
終わりよければすべてよし!
というかんじでした。気持ちのいいラスト。

「会いたい人には会えるんだ、だって世界はそういう風にできている」
「読みたい本にはめぐり合うものだ、そういう風にできている」
「時間がかかっても、ちゃんと乗り越えられます。私たちは、そういう風にできています」

という風に、ポジティブなメッセージなんかも織り込まれたりして。
「本」がテーマだというだけに癖のあるマニア向けかと思われるかもしれませんが、単体のアニメ作品としてだけでも十分見ごたえのある作品ですよ。
もちろん本好きならば余計に、ですけど。

おもしろうございました。
OVAも見たいのですが、DISCASにはないんですよね・・・

R.O.D -THE TV-R.O.D -THE TV-
(2003/10/22)
斎藤千和平田宏美

商品詳細を見る


主要キャラクターがほとんど若い女性だし、この作品のターゲットは男性だったのかな?と思っちゃいますが、見た目の華やかさばかりが先行するような作品も少なくない中で、この作品は結構好感度高かったです。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/312-a475ea96



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。