フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-22-Sun-23-20

わたし、オタリーナですが。

わたし、オタリーナですが。/吉川景都/マガジンハウス

「オタリーナ」、その響きの通り「オタク女子」のこと。
他で聞いたことはないので、多分作者の造語だと思うんですが・・・どうかな。
以前から気になっていた本だったのですが、ちょっとお高い気がして買うのはためらっていました。それが先日古本屋で見かけて速攻購入。
面白かったです!面白かったですよ初音さん!

いわゆる腐女子がブームになってから、もう随分たちます。
最初のきっかけはやはり「電車男」でしょう。2chという不思議な世界の存在が一般に認知され、それが映画になりドラマになり、オタクを語ること自体が一種の流行となった後にやってきた新たな存在。それが「腐女子」です。
男性のオタクというのは割合想像しやすいものです。太ってて(もしくはガリガリに痩せてて)シャツはインで世間の流行に疎くてアニメのロリっ子にしか興味がなくて普段は家にこもってて・・・みたいな。
全く古くさい固定観念でしかないのですが、まあ、それでも漠然としたオタク像というのはありますね。
(でも大多数のオタクは立派に社会生活を営んでいます!←オタクの主張)
それに引き換え、女性のオタクというのは今まであまり注目されることはなかったように思います。下手をしたら「女の人のオタクなんていないんじゃない?」っていうくらい・・・いやコレ、本気でそう言ってる人見たことありますから。なんでだろう、女性のほうが現実主義者だとでも思ってるからでしょうか。

「腐女子」という、いわゆるBL好きの女性オタクが自分達を自虐的に称して名づけたこの単語は、字面からしてものすごいインパクトを与えます。さらに「若い女の子が男同士の恋愛に夢中??」という、恐らく一般人からすれば全く理解できない異次元でいきいきと活動しているというカルチャーショックというのもあり、当の「腐女子」以外の人々からも気になる存在になったのでしょう。
「腐女子彼女」、「801ちゃん」という“腐女子の彼氏”というこれまた奇妙な立ち位置の語り手の人たちの語る「腐女子」というのがまた面白いキャラクターだったために、地上派TVニュースでもとりあげられてしまうくらいになってしまったわけですね。
それは決して当の腐女子たちにとっては望ましい状況ではないわけですが。
(あくまで日陰の花でいたいのです、あくまで)

その腐女子ブームも落ち着いたかな、という今になって登場したこの本。
これが面白かったのは、そのタイトル通り、「腐女子ネタ」一辺倒ではなかったところです。
もちろん本人さんは自他共に認める腐女子なのですが、たんにBLだけが好きなわけではなくて、友達のコスプレの手伝いをしたり漫画化のアシスタントをしたり何万も出してドールを買っちゃったり日常の(腐ではない)オタクネタを話題にしたり・・・・要するにオタクとして幅が広いし、さらにオタクならではの「あるあるv」ネタが十二分にディープなんです。

知識をひけらかして薀蓄語るほどガチガチのオタクではないし、浅く広くなヌルオタでもない。
好きだから詳しくなるし、好きなことをやってるから楽しいし!
世間から後ろ指さされようと、普段は隠れオタを気取っていても、オタクって楽しいんだぜ!
オタクでよかった!

という「好き!楽しい!でもちょっと恥ずかしい!」というパワーが全開に放出されているこの本。
その絶妙なバランス感覚と、あと多分同世代っていうのもあって「分かる分かるよー!」と言いたくなる親近感が好感度倍増でした。

腐女子がブームになって以降、女性オタク全般を「腐女子」だと思われがちなので、「オタリーナ」っていう言葉はいいと思います。
BLに萌えるだけが女子オタじゃないんですよ!
全く腐抜きでもアニメとかゲームに夢中になったりするんですよ!
と、言ってみたくなる時もあったりする私。どちらにしろオタクには違いないんですけどね・・・・

わたし、オタリーナですが。わたし、オタリーナですが。
(2008/05/22)
吉川 景都

商品詳細を見る


ほんとに「あるある」ネタが多くて楽しい本でした。
とりあえず私は「見ろ、人がゴミのようだ!」と「年下に対しても敬語を使ってしまう。妙に文語調で喋る」ってのが当てはまるかな。あと事務員Mちゃんの言ってることが、この人自分じゃなかろうかと思うくらい一緒でした。怖い。

COMMENT

2008-06-23-Mon-23-00

Re: わたし、オタリーナですが。

うん、思ってた以上に楽しかったです(笑)
自分とかぶるとこ多すぎて・・・オタクってだけでやはり似てくるものなのかな。
しかし擬人化については私まだまだ初心者です。駅擬人化、牛丼屋擬人化・・・道は長いよ。ふう。
2008-06-23-Mon-21-54

Re: わたし、オタリーナですが。

お~それはよかったです。
オタリーナはBLだけじゃなくていろんなオタク趣味がのってて面白いよね!!
好きなことは楽しい★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/306-92f80669



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。