フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-07-Sat-10-00

追悼 氷室冴子

コバルト文庫を中心に作家活動をされていた小説家・氷室冴子さんが亡くなられたそうです。

ちょっと本が好きだった女子ならば、多くの人が読んでみたことがあるのではないでしょうか。
『なんて素敵にジャパネスク』、『ざ・ちぇんじ!』『銀の海金の大地』は、日本全国の大抵の中学校の図書館においてあるんじゃないかな。『ジャパネスク』『ざ・ちぇんじ!』で古典用語(物忌とか方違とか)を覚えて国語の授業に役立ったり、『銀金』で初めて和風ファンタジーに触れてみたり(十二国はその後)。『クララ白書』は新装版になってから読んだんだけど、今思えば小学生の頃に買ってた女子校シリーズものの原点は確実に『クララ』だったんだなとか。

氷室冴子という名前はすでに私の中ではただの「作家さん」ではなくて、中学時代に図書館で借りて読んでいたこととか漫画版を友達から貸してもらったこととか「続きは出ないのかな」なんて話し合ったこととか、そいういう思い出と一緒になった名前です。

『銀金』の続きもあるんじゃないかな、
ひょっとしてあと10年くらい経ってから唐突に再開したりするんじゃない?
なんて、勝手に思ってたところもあります。
でももうほんとに読めなくなったんだなー、と、そう思うとなんだかちょっと呆然としたりもするのです。

享年51歳。

早すぎます。

でも本当に、ありがとうございました。

なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)なんて素敵にジャパネスク (コバルト文庫)
(1999/04)
氷室 冴子

商品詳細を見る

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/298-50e23ccc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。