フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-12-Sat-22-48

大久保町の決闘

大久保町の決闘/田中哲哉/ハヤカワ文庫

兵庫県明石市大久保町。
そこはガンマンの町だった。

夏休み、受験勉強に専念すべく祖母の家を訪れた主人公・光則を出迎えたのは、世にも奇妙な大久保町とそこの住人たち。町の人口よりも多い気がするほどの酒場の数、人家と酒場が点在する荒れ地、疾走するジープに、きわめつけは所かまわず始まる銃撃戦!
何故か「伝説の男の息子」として認知されてしまった光則は、わけも分からないままに町を牛耳る悪党どもと対決することになる。父の愛車ハーレー(ただし乗れない)と愛銃(ただし撃てない)と限りない運だけを頼りに、行け!光則!愛しの美少女・紅葉(美脚)を救い出すのだ!!

という、まあ、馬鹿な話です。
馬鹿っぷりに乗って楽しむべき本。しかしコレ3部作と聞いたのですが、えええこのノリで3部作はちょっと辛いかも(失言)?とりあえず本作は一発芸として面白く読めましたが・・・どうなの、カノさん?

大久保町の決闘 (ハヤカワ文庫 JA タ 9-3)大久保町の決闘 (ハヤカワ文庫 JA タ 9-3)
(2007/03)
田中 哲弥

商品詳細を見る


ところで挿絵の微妙さが気になりました。まあ世界観にあってると言えなくもない、か?

COMMENT

2008-04-16-Wed-23-39

あらあらまたまたとんでもない世界が繰り広げられるのですね楽しみですね(棒読み上等)

早川さん仕事にはまだ不慣れなので誤解しておりました。これがデフォなの?それは・・・でもその迷走ぶりが愛しいです(笑)
2008-04-12-Sat-23-56

すみません私続きをまだ買っていません期待は高まる一方ですね(棒読み)
舞台だけが毎回同じで、2部は大久保町がナチスの支配下にあり、3部では外遊中のプリンセス・カナコがやって来るなり誘拐されるらしいです。
ワオ読む前からワクワクがとまりませんね(棒略
ライトジーンの後だとさだめし脱力したことでしょうが。

早川さんの挿絵に期待してはいけません。彼らは彼らなりにがんばって迷走しているのです。
優しく見守ってあげてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/275-f27e37bf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。