フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-11-Tue-23-37

放課後保健室

放課後保健室①~⑩/水城せとな/秋田書店

友人から送られてきた『放課後保健室』、一気読みしてしまいました。
休日まで待とうと思ったのに、よりによって平日、飲み会の終わった夜に1巻に手を出したのが運の尽き・・・結局深夜2時までかけて全巻読破してしまいました。でも後悔はしていない!

物語の舞台はとある共学高校。
主人公の真白は女子生徒から王子様のように慕われる人物だが、誰にも言えない秘密を抱えていた。それは遺伝子的に「上半身は男、下半身は女」という自分の肉体のこと。
男として生きてきたはずなのに、突如始まった月経。誰よりも男らしく、まさしく「理想の王子様」たらんとする真白を裏切るかのような自分の体。
精神的なバランスを崩しかける真白の前に現れたのは、一人の見知らぬ保健医だった。
保健医に導かれたのは、ベッドばかりが並ぶ地下保健室。そこで眠りにつく真白が見たものは、悪夢としかいいようのない夢の世界。
夢の中の校内(だと思われる場所)に現れるのは、雨合羽を纏うずぶ濡れの少女、顔も判然としない甲冑騎士、顔のない女子生徒、長いばかりの手、テディベアを抱えた幼い子供。
夢の世界では、生徒達は皆「真実の姿」で現れるのだという。そして真白の真実の姿は女子生徒の制服を着た自分だった。

果たして真白は「夢の世界」を無事卒業できるのか?
「夢の世界からの卒業」とは何を意味するのか?

という・・・・なんとも不思議な設定です。
ファンタジーに属するのかどうか。現実(リアル学校生活)と夢の世界と、両方ともに軸があるので、単なるファンタジーだと決め付けてしまうのもちょっと違う気がします。設定は突飛なのですが、最後まで読んでしまえば「ああー、そういうことかあ」と思いますね、きっと。

水城せとなといえば私的にはいまだに同人誌の人という印象が強いのですが(古すぎるか)、すっかり立派な少女漫画家になられましたね・・・。『同棲愛』や『鼠はチーズの夢を見る』も面白かったけど、この人は少々クセはあるけど可愛らしい絵柄に相反するような、ディープな人間関係やドロドロの愛憎劇が上手いんですよね。
私、痛い話は苦手なのですが、何故が水城せとなはオッケーです。
何故でしょう・・・根底に愛があるから、か?

ところで『放課後保健室』で『少女革命ウテナ』を連想したのは私だけでしょうか。
閉鎖的学園、限られた生徒だけが知る現実離れした空間、生徒同士の戦い、ほのかなエロス、鳥籠のイメージ・・・うーんなかなかかぶっている、と思うのですが。
ラストの締め方も綺麗だったと思います。でもこれは賛否両論なんでしょうかね?ある意味広げた風呂敷を破り捨てられたような気もしますが、でもこれほど不安定な世界をよくぞ10巻で纏めたものだと、そっちの印象の方が強いですね。というかアレ以外のエンディングが想像つかないですもん。

放課後保健室 (1) (プリンセスコミックス)放課後保健室 (1) (プリンセスコミックス)
(2004/12/22)
水城 せとな

商品詳細を見る


個人的には男たらんとしているくせに男になりきれない真白君の不安定さが色気があってよかったです。気を張っている優等生の、その足場を崩してみたい・・・と思うのは何なのでしょう。軽いSなのかな。

COMMENT

2008-03-13-Thu-23-06

そうですね。

最後でちゃんと締めくくったことで、単なる「学園ファンタジー」ではなくなりましたよね。
結構力技だったなぁというかんじもしますが、なかなか勢いよく読ませてもらえました。満足です。
ある意味かなり読み手を選ぶ話で、同人ぽいといえば同人ぽい・・・とも思ったのですが、長年温めていたネタだと聞いて、成る程なぁと思った次第です。
2008-03-12-Wed-23-03

最後まで読んで、

また最初に戻って。
ミステリの読み方と一緒ですね。

私は灰羽っぽいなと思いました。
物語の途中あたりから、じわじわと大きくなってゆく
卒業したらどうなるの(あの壁を越えたらどうなるの)、という不安が、
ある意味、化け物じみた登場人物以上に恐怖心を煽ります。

BLに、(主役を食いかねない)女性キャラを出してくるのって
すごいなと思ってたんですが、
今のこの活躍っぷりをみていると、
コチラの方が、自然な感じはしますね。
うーん、でも個人的に、男女のドロドロは、控えめでお願いしたい。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/263-9ba98f80



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。