フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-19-Sat-22-35

オイレンシュピーゲル スプライトシュピーゲル

オイレンシュピーゲル/冲方丁/角川スニーカー文庫
スプライトシュピーゲル/冲方丁/富士見ファンタジア文庫


それぞれ3巻まで読了。
同一の世界を二つのシリーズで平行して執筆、のみならず出版社のレーベルすら超えてしまったという前人未到(だと思う)の「シュピーゲル」シリーズです。

冲方丁は『マルドゥック』以来久しぶりだったのですが、いやあなんだかもう冲方丁さんたらいろんな意味で遊びまくりの悪ノリしすぎなんだけど、それでいて妙に要所要所のツボは押さえてるのよねー・・・ってかんじでした。

あらゆるテロや犯罪が多発し『ロケットの街』とまで渾名される旧都市名ウィーンこと国際都市ミリオポリス。そこには都市防衛のための選ばれた子供たちが居た。先天的・後天的に関わらず身体に障害を負った子供たちは国によって機械の手足を与えられ、その中からさらに選ばれた子供たちは警察・公安に属し、都市の治安を守るという任務をも与えられた。
特甲と呼ばれる最強武装兵器を身にまとい、絶え間なく襲い掛かるテロや凶悪犯罪に立ち向かう少女たち。
<ミリオポリス憲兵大隊>MPBに属する3人の少女、「黒犬」「紅犬」「白犬」。
<公安高機動隊>MSSに属する3人の少女、「紫火」「蒼火」「黄火」。
命を預ける仲間とともに、少女たちは今日も戦う!

というノリの作品です。
もうこのノリについていけるかどうかが全てというかんじでしょうか・・・猫耳に妖精羽を装着した戦う美少女、というコテコテの設定なのですが、実は世界観・お話的にはガツンと骨太なんですよね。そのへんはさすが(仮にも)冲方丁ってところ。
とにかく少女たちが走り回って飛び回って戦いまくってます。それを文章で読んで脳内でアニメ変換できれば楽しめるでしょう。読むアニメってかんじですね。萌え小説かどうかといわれると、個人的には「強いて萌えを装ってる・そう見えるように振舞ってみせている」というかんじがしたので、あまり純粋な萌え系という印象ではなかったです(作者が冲方丁だっていう先入観かな)。ちなみに少女たちの人生は結構みもふたもない程悲惨だし、作中では虫のように人死が出ますので要注意。

本を送ってくれた友達と、『マルドゥック』は一応一般向けSFだけど『シュピーゲル』はどこからどうみてもラノベという話になったのですが、ラノベと一般文芸の線引きが年々曖昧になってきている今日この頃、一体ラノベの定義って何なんでしょう?レーベルの問題か、イラストの有無の問題か、それともイラストの絵柄の問題か・・・ちなみに私は一般向けよりの『マルドゥック』のが読みやすかったです。昔はラノベばっか読んでたのになぁ・・・

オイレンシュピーゲル 1 (1) (角川スニーカー文庫 200-1)オイレンシュピーゲル 1 (1) (角川スニーカー文庫 200-1)
(2007/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


スプライトシュピーゲル 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 136-8)スプライトシュピーゲル 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 136-8)
(2007/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


2シリーズを比べると、どちらかといえば『オイレン』のが好きでした。
黒犬(シュヴァルツ)!、紅犬(ロッター)!、白犬(ヴァイス)!
——〈姦〉(ケルベルス)、全頭出撃(アル・シュトルム)!

こういうドイツ語の硬質な響きに萌えてしまいます・・・

COMMENT

2008-01-20-Sun-17-09

あまのよしたかまでラノベに入れちゃう?
ガチラノベ読みにとってのラノベの定義はもっと狭いんだろうし、一般向けしか読んだことない人にとっての定義はとても広い気がする。
難しいものだね。我々の中・高時代ってラノベなんて便利な呼称もなかったよねえ・・・

ドイツ語の決まり文句はかっこういいです。
とりあえずプロージット!
2008-01-20-Sun-01-30

もう乱暴にアニメのイラストがついてればこれすなわちラノベでいいんじゃないのかね…?あまのよしたか絵まではラノベでまとめていいんじゃないかね?(ちょう乱暴)

シュピーゲルはわっかりやすーい萌えキャラが出てて、女の子の露出が多いイラストで、各所にお色気シーンもあって…と「どうだ!参っただろう!」と言わんばかりにラノベ要素が繰り出されてくるから、「十分いただきましたから」と言いたくなる。
もしくは、あまりにも「This is ラノベ!」と高らかに主張されると、別に否定する要素はなくても否定してみたくなる複雑な乙女心ということなのか?
でも相変わらずキメ台詞?はカッコいいよね。
おお、エクスプロード!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/237-47c5fa1f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。