フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-08-Tue-23-01

かよちゃんの荷物

かよちゃんの荷物/雁須磨子/竹書房

去年発売した単行本なんですけど、ちょっと評判がよさそうだったので買ってみました。
雁須磨子さんといえば友人の好きな漫画化さんで、独特の路線をいくBL作家さんってイメージがあったのですが、こんな作風もアリなんですね。(そういえば自衛隊ものもこの人だったか)

主人公のかよちゃんは男っ気なしの30才一人暮らし(しかも無職)。
お金もないし男もいないし職もない、けれどもなんだか妙に大きな気構えと楽しい女友達には恵まれて、かよちゃんは今日もきままにのんびり、のらりくらりと生きていく。

いやーノホホンします。
ここ最近ほんとにこういう「年頃の独身女子漫画」に食いついてしまうのですが(年だなア・・・)、結婚を意識しつつ男を捕まえられない自分を自虐的に笑う作品が多い中で、この『かよちゃんの荷物』は“焦ったって仕方なし、それよりとりあえず何か食べない?”というかんじののんびりとした空気感がとても心地がいいのです。
かよちゃんの呑気さに共感したり、無職でも焦らないで生きていく物凄いおおらかさを羨ましく思ったり、身内とのやり取りに覚えがありすぎて笑ったり、30代に入っても女子高生みたいにわいわいやってる女友達の雰囲気にいいなーってなってみたり・・・

ま、とにかく和む一冊でした。
2巻もきっと買うことでしょう。

かよちゃんの荷物 1 (1)かよちゃんの荷物 1 (1)
(2007/04/07)
雁 須磨子

商品詳細を見る

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/232-20357556



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。