フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-28-Fri-22-48

金春屋ゴメス 芥子の花

金春屋ゴメス 芥子の花/西條奈加/新潮社

第17回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品の続編。
近未来お江戸物語です。

近未来の日本において、忽然と存在する独立国・江戸。
諸事情によって日本から入国した主人公・辰次郎もすっかり江戸の水に馴染み、誰もが恐れる通称ゴメスこと長崎奉行の下働きとして精を出していた。新たな人員として凛々しくも美しい女武士・朱緒も混じり、ゴメス一家<金春屋>は今日も大賑わい。
そんな和やかな日々も、「阿片問題」という大事によって一気に色を変える。こと麻薬となれば、それはもう江戸国内でも問題に収まらない。国際問題、ひいては江戸国の存亡そのものを揺るがす大問題なのだ。
頼りは勿論、鬼も恐れる金春屋・ゴメス!
ゴメスの天敵である北町奉行・筧や新人・朱緒の元婚約者まで入り乱れて、事態は予想外の方向へ展開を見せ始める。

2作目にしてすっかり各キャラクターの個性が定着した感があります。先に読み終えた友人が「筧様ー!!」(ラブな意味で)って言ってたことがラストで分かりました・・・一番美味しいとこ持ってったのって、ひょっとしてこの人かな?
頭ガチガチの北町奉行に可憐な女武士と美味しいキャラクターも増えて、次作もありそうな雰囲気です。今後はますます日本VS江戸という方向に持っていくのかな?とも思いつつ、大変読みやすくて入りやすいお話なので、「しゃばけ」のように化けないものかなーという期待もしております。でもゴメス様はしゃばけのモノノケみたいに愛らしくないからダメかしら・・・
アニメ化したら面白くなりそうだ、とも思います。時代物は難しそうだけれども。

芥子の花 (金春屋ゴメス)芥子の花 (金春屋ゴメス)
(2006/09/21)
西條 奈加

商品詳細を見る

COMMENT

2007-12-28-Fri-23-25

わかります。
実は最初はそれ程でもなかった筧様、最後の最後で・・・もっっっていきやがった・・・!(ガクリ)

今度お会いするときはウキウキ東京観光時かしら。その時はよしなにお願いします。
2007-12-28-Fri-22-58

素敵なおじさま筧様

かかか筧様ー!!!
ねね、いいでしょいいでしょ?
ときめくでしょ?
すばらしい持っていきっぷりでしたね(キュン)

前のものにも色々とコメントしたいんですけど!(電波の男は容姿を整えたらどこの桐ノ院圭?とか。あの短編集は私も好き)、いちいちつけると我ながらウザイので今度お会いしたときに思いのたけを口頭でお伝えしたいと存じます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/227-d856cfa6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。