フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-08-Sat-20-31

ラヴェンダーの咲く庭で

ラヴェンダーの咲く庭で/2004/イギリス

戦争の匂いがくすぶり始めたイギリス。しかし小さく美しい島で暮らす老姉妹はそんな俗世とは無関係に淡々と二人だけで暮らしていた。
ある嵐の過ぎた翌朝、二人の穏やかな生活を一変させる出来事がおきる。二人が暮らす家近くの浜辺に、若い青年が打ち上げられていたのだ。言葉も通じない外国人の若者を救助し、介抱する二人。
青年を助けたその時から、老姉妹の妹・アーシュラは彼に心奪われる。親と子ほど、いやそれ以上に年が離れているのに、馬鹿で、おろかでしょうと自嘲しても自分の気持ちをとめられないアーシュラ。そんなアーシュラを前にして、姉のジャネットは妹を見守ることしかできない。
青年がやってきたことでとたんに色鮮やかになった老姉妹の生活。いくらもしないうちに、二人の生活の中心はもはや青年アンドレアとなっていた。
思いがけないことに、アンドレアは非常なバイオリンの名手だった。つたなく喋りだした英語よりもずっと能弁に感情を語る彼のバイオリンは、老姉妹だけでなく、島の人々の心にまで響き渡る。しかしそのバイオリンがきっかけで青年自身の、また老姉妹の日々が変化していく。

という、とても美しくてロマンチックで切ない映画です。
最近見た映画の中ではダントツで好きでした。イギリスの田舎ってなんでこんなに素敵なんだろう、と、自然は勿論小道具に至るまで惚れ惚れしてしまいますし(アンティークっぽい雰囲気がたまらない)、老姉妹を演じる主演ベテラン女優二人もすごくいい。
姉役のマギー・スミスは元々好きだったのですが、恋に落ちる妹役の女優さんが、ぱっと見はほんとにおばあさんなのに、表情とか些細な仕草が超「恋する乙女」ってかんじで可愛らしい・・・顔の綺麗さとかそういう問題じゃなくて、ああ可愛いな、と思いました。「老いらくの恋」なんて言葉は失礼よねってくらいに。

ラストにいたるまではわりと急な展開だったのですが、その潔い締めくくりもよかったです。「もうちょっと見たかったな」、と思わせつつ終わるのが一番綺麗ですよね。2時間弱という短さが私にはちょうど良かったです。

うーん、これは、オススメ。

ラヴェンダーの咲く庭で 特別版 (初回限定生産スペシャルアロマパッケージ)ラヴェンダーの咲く庭で 特別版 (初回限定生産スペシャルアロマパッケージ)
(2006/01/27)
ジュディ・デンチ、マギー・スミス 他

商品詳細を見る

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/212-824dce42



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。