フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-31-Fri-21-09

GENTE 1

GENTE1-リストランテの人々-/オノ・ナツメ/太田出版

読者層拡大に一役買ったオノ・ナツメの出世作『リストランテ・パラディーゾ』の紳士たちメインの新刊『GENTE』を購入しました。
『リストランテ~』でも十二分に大人の色気をふりまいていた老眼鏡紳士たちですが、今回はそれぞれが単独主演ということで、よりいっそう人となりがはっきりと描かれます。

亡き妻の看病をするために退職し、一人娘とその息子との絆を大事にするルチアーノ。
不幸な女をつくりたくないから結婚しないんだ、などということを臆面もなく言ってしまえるヴィート。

今回のメインはこの二人。勿論他のキャラクターも頻繁に登場しますが、彼らの主演話は2巻以降でしょうか・・・『リストランテ~』以前の話なので、リストランテが出来るところ、彼らが出会うところから物語が進行していくのが面白いですね。
『リストランテ~』時にはもういなかった女性のコックも格好よくって気になりますが、「老眼になったころ出直してきます」って出て行った青年も気になります。負けるな、青年!

イタリア紳士の色気たっぷりの本作も『リストランテ・パラディーゾ』に負けない魅力で女性ファンをとりこにしてくれることでしょう。とりあえず私は57ページ4コマ目のルチアーノの首筋にやられました。続刊も楽しみなシリーズです。
それにしてもオノ・ナツメを読むとグラーチエ!とか似非イタリア語を喋りたくなってしまって困ります。

GENTE  1 (Fx COMICS) GENTE 1 (Fx COMICS)
オノ・ナツメ (2007/08/28)
太田出版

この商品の詳細を見る


それと友人から借りて『I've a rich understanding of my friend defenses setteorsi』も読みました。商業デビュー前?でしょうか・・・同人で出していたシリーズが店頭販売されたものですね。(だからなのか、画像は出ませんでした)
こちらは『not simple』系の絵柄なんですが、作品の雰囲気は結構ハード。警察という職業ものだからでしょうか?最初は「登場人物の見分けがつかないよー」なんて思いながら読んでいたのですが、読み進むうちに気にならなくなりました。モノローグも少ないし、解説文もついてないのに、あんなに白黒淡白な絵柄でドラマチックな話を描けるのってやっぱり才能なのかなぁと思っちゃいます。

『五葉』の3巻も買わないと・・・。

さらい屋五葉 3 (3) (IKKI COMICS) さらい屋五葉 3 (3) (IKKI COMICS)
オノ ナツメ (2007/08/30)
小学館

この商品の詳細を見る

COMMENT

2007-09-02-Sun-21-45

アメリカン!

ああイタリアだけの人じゃないんだー、と思った一冊でした。あれはあれでよかったですね。色気はイタリアのほうが勝ってますがね。
シナモン中毒の美中年(?)、て、設定だけでもうふるふるします・・・。

2007-09-01-Sat-16-11

NY市警M・O・E!

あれは新宿のジュンク堂に「新刊だよ?」って顔して置いてあったのでした。再販じゃない?

リストランテは今回ルチアーノでしたね。亡き妻の思い出を胸に生きる紳士。胸がギュンギュンするね。しかしジェラートが上手いテオも気になる今日この頃。
五葉の3も出てるの?買いに行かねば!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/143-3913ee54



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。