フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-09-Thu-22-38

マンガをもっと読みなさい

マンガをもっと読みなさい/養老孟司・牧野圭一/晃洋書房

養老孟司・牧野圭一の二人による漫画対談。
ちょっと特殊な漫画論です。我々日本人はどのようにして「漫画」を読んで(見て)いるのか?目で、脳で、どうやって「絵」を「ストーリー」として認識しているのか?
という、いかにも養老先生らしい切り口です。
(そして養老先生は漫画がとてもお好きなご様子。それだけで好感度急上昇です)

私が面白いと思ったところは2点。
ひとつは日本人の脳内処理の仕方です。

脳学者であるところの養老先生曰く、日本人は「漢字」と「仮名」を脳の別々の場所で認識しているのだそうです。
仮名を読む部分は「角回」、これは表音に基づく読み書き処理をする場所。
漢字を読む部分は「左側頭葉後下部」、これは表意に基づく読み書き処理をする場所。
アルファベット等、一種類の文字しか持たない多くの外国人は、この「角回」部分のみを使って文字を読むのだそうです。
仮に何らかの事故にあい「角回」を損傷してしまったら、そこだけを使って文字を認識する外国人は、全く読むことができないことになります。一方日本人の場合、「仮名が読めないけれど漢字は読める」という不思議な状態になるそうです。
普段漢字仮名まじりの文章を読んでいる日本人(日本語を読む外国人も含む)は、無意識に脳の二箇所を同時活用させているというわけなのですね。

また、「マンガ=漢字」だとも言われています。
漫画というのは絵と文字の組み合わせにより成立していますが、その絵は漢字としての意味を持ち、吹き出しの文字が仮名としての意味を持つのだと。だからこそ漫画を読むことは読み取り能力を高めることにも繋がるというのですね。

そして2点目は感覚と概念の関係。
人ははじめ感覚の世界に生きていたのが、成長するに従って概念の世界へと進んでいく。しかし漫画には台詞、擬音語・擬態語等々、「感覚」がてんこ盛りに入っている。何故なら漫画はアイコンだからです。
そのために「子供のものだ」といわれる漫画ですが、逆に概念の世界に埋没し、視界の狭くなってしまった大人に感覚世界を思い出させてくれるのが漫画なのだ、と。

・・・・なんだか分かったような分からんような言い方になってしまいました。読んだときは「なるほどー」と思いながら読んでいたのですが・・・・
でもこの2点はどちらも本書の冒頭の部分。ここが一番面白かったですねえ。あとはなんだかざっくり語られすぎていたような・・・
もうちょっとマニアックな方向に、専門的になってくれてもよかったのにな、と思いました。

なんにせよこういう本が普及して、漫画の地位向上に繋がるといいですね。市民権を得たとはいえ、子供かマニアの読むものだって思っている人も多いですから・・・でも漫画を読まない人がこういう本を読むかどうかは大いに疑問。結局この手の研究本をありがたがるのって、元からの愛好者なんですよねえ・・・

マンガをもっと読みなさい―日本人の脳はすばらしい マンガをもっと読みなさい―日本人の脳はすばらしい
養老 孟司、牧野 圭一 他 (2005/09)
晃洋書房

この商品の詳細を見る


ちなみに私と同世代に「マンガが読めない、読み方が分からない」という人がいます。現代日本の20代が・・・!と、最初は驚愕したものですが、そういう人もいるものなのですね。(もっともそれ以前に漫画を読もうと思わない人だったから無理もない)
漫画好きの外国人でも、いわゆる少女漫画等の複雑なコマ割りの漫画を読むのはちょっと難しいところもあるそうですが、確かに漫画を読むというのは一種の慣れというか、「漫画を読む」という技術がものを言う面があるかもしれません。口で説明しようとしてもいえませんもんね、「このコマの次は左、次は下、中央、右・・・」とか。「感覚で分かれ」というしかない。
そう思えば、なるほどまさに漫画は「感覚世界」のものですねえ。

COMMENT

2007-08-15-Wed-21-35

いろいろ

漫画とは何か、という本はいろいろありますが、「脳」ということ、そこから派生する視覚や感覚というところからの分析というのは目新しくて面白かったです。
でも単純に、世間で持ち上げられているような識者さんたちが漫画をほめてくれると単純に嬉しかったりしてね。養老先生の好きな漫画ラインナップとか載せてほしかったかも。
2007-08-10-Fri-13-46

確かに、慣れなのかも。
あまりに自然に読んでるんで考えたこともありませんでしたが
デビューしたての漫画家さんの作品を読んだときに
違和感を感じたことがありました。

絵と文字、漢字とカタカナ、
私たちは漫画をさらりと読みますが、
以外にハードル高いのかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/132-db1e5c03



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。