フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-22-Fri-21-28

天の陽炎

大正浪漫伝説 天の陽炎/栗本薫/角川文庫

人形のような美貌を見初められ、若くして貴族の家に嫁いだヒロインの前に現れたのは、ただ怠惰だった日常を一瞬にして打ち砕くような魅力に満ちた男だった・・・・

という、いってしまえばそれだけのお話。
それを栗本薫風「大正浪漫」であえてみました、というところがポイントでしょうか。
ストーリーはお決まり通り、ちょっと猟奇が入るところも栗本薫の定番。読み終わった次の日にはストーリーを忘れてしまいそうな作品ですが、読んでる間はそれなりに楽しかったりして。突っ込みなから読んでいけます。途中、やっすいVシネみたいなんだもの。

なんだかんだ言いましたが、でも私、実はこういう昼メロ系って嫌いじゃないんですよね・・・

天の陽炎―大正浪漫伝説 天の陽炎―大正浪漫伝説
栗本 薫 (2007/02)
角川書店

この商品の詳細を見る


あ、ちなみに今回大道寺さんは登場しませんでした。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://funafunababy.blog89.fc2.com/tb.php/104-c7011294



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。