フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-30-Sat-11-53

逝きし世の面影

逝きし世の面影/渡辺京二/平凡社ライブラリー

珍しく買ってしまいました。
発作的に・・・高かったですが、楽しんで読めたし、まあいいかな。

タイトルの『逝きし世』というのは、かつてこの世に存在した『日本』という国のこと。
今現在私たちが住んでいる『日本』とは似て非なる、「諸外国の文明文化に晒される以前の前近代日本」、だそうです。
作者が主張しているのは、それはたんに「かつての日本」なのではなく、すでにこの世から消滅してしまった「文明としての日本」という点。
「文化は滅びないし、ある民族の特性も滅びはしない。それらはただ変容するだけだ。滅びるのは文明である」と文中で言及しているように、かつてこの世にあったはずの、訪れる外国人を魅了してやまなかった『日本』という国の、「すでに滅んでしまった文明」がこの本の主題です。

というわけで、本作は前提として「もはや取り返しはつかない」というところから始まっているんですね。
「昔の日本はこんなに素晴らしかったんだ」、「だから昔の日本に戻りましょう」という保守的なメッセージがあるわけではない。
ある種のパラダイスとさえ言われていた『日本』はもはやこの世には存在せず、そして今を生きる日本人はすでにかつての日本人とは別個の文明の人々だからです。

この本では、江戸末期から明治にかけて日本を訪れた外国人の視点が多く語られます。
某国の大使として訪れた人から個人的旅行者までの日記や書き残した記事を多く引用して、かつての『日本』が語られるわけです。
もちろんその中には日本色に染まってしまった日本びいきの外国人もいれば、仕事だから仕方なく来訪しただけの日本嫌いもいるわけで、さまざまな日本観があります。
作者はそれらの両方に目を通し、その両者がともに見たであろう『かつての日本』、『かつての日本人』の姿を私たちの目の前に描いてみせるのです。

まるで子供のようだけど、愛すべき資質をもつ人々。
それは確かに今の私たちとは全く違う文明の人々なのだと思えました。

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)
(2005/09)
渡辺 京二

商品詳細を見る


学術書なのかなー・・・と思っていましたが、案外サラッと読めました。
作者は在野の思想史家なのだそう。だからなのかな。
自分が今大学生で、また卒論を書かなくてはならない状況だったのなら、こういうテーマで書くのも面白いだろうなーと思いました。

スポンサーサイト
2010-10-25-Mon-21-05

人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた

人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた/川原和子/NTT出版

なんというかタイトルそのまんまの本です・・・。
大のマンガ好きである作者がその愛と情熱を傾けまくったマンガについての一冊。
マンガ好き、オタクであることを自認する私はついついこういう種類の本に手を出してみるのですが、ものによってはぬるいなーと感じるものがあったりなかったり。
その点この本は、作者自身のブログを以前から拝見していたこともあってか、なかなかバランスのいい『マンガ本』だと思いました。

作者は恐らく私よりひと世代上の方、かと思うのですが、その大部分は『少女マンガ』についてでした。
陸奥A子あたりの古式ゆかしい少女マンガから、ハチクロ、NANAというメジャーヒット作、見落とされがちな四コママンガからなかなか手を出せない今時の若い子向け少女マンガに、締めはBLまで、という幅広い種類が網羅されています。

なんとなく印象的だったの作中の言葉に、こういうものがあります。

『自己陶酔するには理性が邪魔をしてしまう、そんな人の照れ隠しなのだろう』

と・・・。
ちなみにこれは川原泉作品について語られた言葉なのですが、なーんか我がことを言い当てられている気がしてしまって。いえ、自分のことを理性的な人間だなどと言い張るつもりは決してないのですが、「自己陶酔しきれない」って部分がどうにも。変なところで他人事のよう、というか・・・常に自分の中に覚めた自分がいる、という感覚が非常によく分かるもので。自分なんかがそんな恋愛ドラマの主人公(もしくは悲劇のヒロインとか)になれるわけないよね、という、それは一種の卑下なのかもしれないですが・・・。

まあ読んでみた印象として、「この人と友達になってマンガ談義をしたら楽しいだろうなー」と思える一冊でした。
自分と読み方の傾向が似ている、というのが大きなポイントなのかもれしれないです。
80年代白泉社作品にはまったことがある、という方なら一読をオススメです。
白泉社作品にはまったかどうかというのは、結構、女子のマンガ読みの好みを判別する試金石になる気がするのです・・・。

人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた
(2009/03/25)
川原 和子

商品詳細を見る


あとどうでもいいですが、「女子」という言葉の使い方にも納得。
そうなんですよね、「女の子」って柄じゃないし、でも「女性」というほど自分は大人じゃない気がする・・・というか自分が勝手に「女性」という言葉に女性らしさのニュアンスを感じ取っているだけかもしれませんが。
「女子」って言葉ひとつにこんなに色々と面倒くさいことを考えている、という点だけでも結構高感度が上がったりして。
あとでも最後にひとつだけ、終盤のBLコーナーですが、あのラインナップ、あんまり初心者向けってかんじじゃないんですが・・・。最初が西田東ってさあ・・・いや、私は好きですけどね・・・。

2010-10-15-Fri-21-01

お菓子手帖

お菓子手帖/長野まゆみ/河出書房新社

少し前に図書館で借りた本。
パラパラ~と見て、「おお、長野まゆみ風『昭和物語』か」と思って借りてみたら、「物語」というよりは自伝というか思い出エッセイ?みたいなものでした。短編連作かと思っていたのだけど・・・と思いながらも、案外楽しく読むことが出来ました。
筆者の幼い頃の思い出から、小説家を目指してデパートに勤める頃の長い間のことがタイトル通り「お菓子」を軸にして語られます。
子供の頃はこういうことがあった、何味のお菓子が好きだった、あの時にこういうことがあって泣いてしまったことを覚えている・・・などなど、とても細かいところまでが語られます。
長野まゆみだけに、「どこまで本当?どこからフィクション?」という点は謎なのですが、読んでいる限りでは限りなく実際に近いものなんじゃないかな、と。
好きだったお菓子の「どういうところが好きだったのか」「どういう名前だったか」「食感は」「パッケージは」ととても細かいところまで言及してあるのが、らしいなあというかんじです。

子供時代の思い出は、私にしてみれば「昭和」という時代のものであり、小説・物語を読んでいる、という感覚だったのですが、作者が大学生~OLの頃の思い出話は、今の私の年齢に近いところもあり、「何者かになりたいのに何者にもなれないでいる」という葛藤などに共感するところもあり、そういう意味でも面白かったです。

実は私は長野まゆみの熱心な読者というわけでもないのですが、それにしてはまあまあ読んでいる方かな・・・と思います。
「すごく好きっ!」というよりは、「まあまあ好き」というかんじ。
どこが?と言われても「なんとなく」としか応えられないのですが・・・あえて言うならなんでしょうね、「雰囲気」とか「世界観」とか?うーん、ありがちだけど。
きっと、「そういう世界(現実ではない、夢想の世界)に憧れる永遠の少女性」と確固たる世界を持つ作者に、共感するところがあるんでしょう。
今も昔も、長野まゆみワールドに憧れ、共感する少女たちは数多いと思います。
多数派にはならなくても、きっと、どんな世代にも一定数はいるはずの、そういう少女たちが。(あるいは、たまに少年もいるのかもしれない)

言うなれば、方向性は違うかもしれないけれど、ゴスの体現者である野ばらちゃんと近いものを感じるのかもしれません。

きっとまたたまに手にとってはフラッと読んでみたくなるのかも。
長野まゆみは、私にとって、そういう人です。

お菓子手帖お菓子手帖
(2009/06/18)
長野 まゆみ

商品詳細を見る


へえ!と思ったことがひとつ。
妖精のイラストで有名なシシー・メアリー・バーカーって、かつてチョコレートのおまけカードだったらしいんです。
そりゃあ若かりし長野まゆみも夢中になって集めたことでしょう。しかもごく稀に少年の妖精イラストがあって、それはとても貴重なものだったとか・・・ううん、長野まゆみだなぁ。

2010-10-13-Wed-23-24

星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室/三浦しをん/筑摩書房

半年もほったらかしでしたごめんなさい・・・。
時系列順に記事を書いていこうとずっと思っていたのですが、そんなことしてたらますます億劫になるのが目に見えているので、とりあえず今日読んだ本の感想からUPです。
おいおい以前の記録も書いていきたいと思います。

で、今日のこの本。
いかにも三浦しをんらしい本だなあ、という印象です。

・主人公は30歳間近の閑職(社史編纂)OL。趣味は同人誌制作。オリジナルJUNEを学生時代からの仲間と作って楽しんでいる。
・主人公の恋人は放浪癖ありのフリーター。気付くと海外を旅している。
・物語の中心は、大人としての変化(結婚とか出産とか)を迫られる女性主人公の揺れる心情と、社史編纂の中で明らかになる過去の星間商事の信じられない歴史。←これにもまた、物語が絡んでいる

ということで・・・まとめるとなんだかよく分かりませんね。
私も実際、読んでみるまで「同人誌趣味のOLが社の秘密を暴く?ってなんじゃそりゃ」と思っていたのですが、実際読んでみたら、その通りの本でした。
まあ『会社の秘密を暴く』といったところで、三浦しをんですから、サスペンスフルな巨悪を暴く推理もの!とかにはならないんですけどね。

でもやっぱり作者自身が同年代だからでしょうか、自分の生活は変わっていないのに、同い年の友達が結婚して出産して「立派な大人になっている」ということへの違和感や、「趣味を辞めて人並みの幸せ」を選ぼうとする友達への言葉に出来ない苛立ちとか・・・今の自分への不安と周囲からのプレッシャーと、『でも今の自分は捨てられないよ』っていうプライドとか。
そういうね、あまりにも共感できる立ち位置が・・・共感できてしまうのです。
同好の趣味のある方ならば、きっと何がしか思うところはあるんじゃないでしょうか。
まあ穿った見方をすれば、「そんな楽しいだけで同人やってられるかよ」とか「会社、ゆるすぎんだろ」とか・・・という意見もあるんでしょうけど。

傑作!ではないにせよ、じんわりとくるお話でしたよ。
作中に、劇中劇としてショートストーリーが挿入されているのも面白い趣向。好き勝手にやってんなあ、という印象も受けましたが(笑)
会社のくたびれたサラリーマンと営業のBL(主人公作)とか、海賊と金の瞳の少女のラブロマンスとか・・・これまでのしをんのエッセイや作品をいくらか読んだことのある人なら、「趣味まるだしじゃーん!」と思ってしまうでしょう。
でも許せる。笑える。
それはきっとこれ書いてて楽しかっただろうなあ、と思えるから。
楽しんで書いているという雰囲気が頁から溢れて、こちらも楽しくなるからだと思います。

創作するということはもちろん楽しいことばかりではないけれど、自分の血肉を削ってものを作るという人たちももちろんいるのでしょうけれど、でも一番根源にあるだろう原始的なところは、『楽しいからものを作る』ということだと思うのです。
それを見てもらいたい、褒めてもらいたい・・・と思うのは、第2、第3のステップなのであって。
もちろんそれがなくては人目に触れることにはならないし、そうでなくては『創作する』という事実にすらならないのかもしれないのですが。

まず自分が楽しまなくては、人を楽しませることは出来ないと思うのです。

大それた理由なんてなくたって、ただ好きだからやっているということ。

主人公の言葉を借りるなら、「書いたり読んだりするのは楽しい」ってことですね。

三浦しをんのこういう話を読むたびに、ああこの人は物語を愛してる人なんだなあと思うのです。

星間商事株式会社社史編纂室星間商事株式会社社史編纂室
(2009/07/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。