フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-27-Sat-22-20

味のぐるり

味のぐるり/入江相政/中公文庫

これも2009年の年末に読んだ本。
これで本当に2009年の記事終了です。

長く昭和天皇の侍従長として宮内庁に勤務していた入江さんの「食」をテーマにした随筆。
入江さんはこれで3冊目なのですが、格式ばった肩書き(クナイチョー、とか、家柄はレイゼイケ、とか)のわりにとっても飄々としたお人柄が文面から漂ってきて、肩の抜け具合がなんとも楽しい文をお書きになるのです。でもそれでもただ漫然と「楽しい」だけじゃなくって、とても嫌味のない綺麗な日本語というのは、やっぱり育ちなのかなあ・・・それとも時代なのでしょうか。
戦争に旅立つ青年の手紙ひとつでも、ふたつみっつくらい世代が前の人たちの文章って、とてもきちんとした品の良さというものがありますよね。口語と文語が一線を保っていたという雰囲気。

携帯メールが普及してから若者の文章力が向上した、なんていう話を小耳に挟んだことがあるのですが、それは果たしていかがなものか。もちろんそういう一面もあるでしょうが、文章というものが身近になったがあまりに非常に安っぽいものになってしまったなあという気がするのが私の本音です。
いえいえ、もちろん自分もその一人なわけですが。
まあ、こうしてブログをやったり長い長い長文メールを携帯で手軽にやったりしている人間にはそんなことを言う資格などはございませんね。でもだからこそ、たまに美しい日本語に出会うと、ふうむと背筋が伸びる気持ちになるものです。

あ、重ねて言いますが、入江さんのいいところは全然そんな固くはないところなので。
もはや古本でしか出会えないので、気長にブックオフに行くたびに探してみようと思うのであります。ハイ。

味のぐるり (中公文庫 M 62-5)味のぐるり (中公文庫 M 62-5)
(1982/01)
入江 相政

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2010-02-24-Wed-18-03

ハンサム★スーツ

ハンサム★スーツ/2008/日本

2009年記事、まだ終わってませんでした。
というわけで大晦日に見た映画です。地元に帰省するといつものようにネサフで何時間も時間を潰すことが出来ないので、映画や読書が進みます。
・・・のですが、こと映画に関してはもはや実家に「自分の部屋」がないため、茶の間のテレビで見ることになります。なので家人が出たり入ったり通りがかりに勝手な感想を言ってきたり、全然集中して見れないんですよね。というわけで実家で見る映画は基本「なんとなく見れればいいや」くらいのセレクトになります。

というわけでの『ハンサム★スーツ』。
不細工な主人公が「着るだけでハンサムになる!」という不思議スーツを購入&着用、するとあっというまに女の子にモテモテの人気モデルに!
だけど、それで本当に幸せ?顔とスタイルが変わって人気者になって、それが本当に幸せなのか?振り向いてほしかったたった一人の女の子、あの子と仲良くなりたかっただけなのに?

・・・と、まあそんなかんじです。
わっかりやすいコメディがわっかりやすく描かれます。舞台世界もアニメのようなポップさで、2.9次元という趣。
いい意味でも悪い意味でも想像通りでした。
予想以上でも予想以下でもなく、まあそうなるんだろうな、そうだよね、という大団円。
気楽に見るという分にはいいのではないでしょうか?お子さんと一緒に見れるテイストですし、家族映画コメディというくくりでもいいかも。
谷原章介が好演。この人3枚目やる時、輝いてる。

ハンサム★スーツ THE TV [DVD]ハンサム★スーツ THE TV [DVD]
(2009/07/24)
谷原章介加藤ローサ

商品詳細を見る


でも本当に自分にコンプレックスを抱えている人にはこの前向きな明るさが辛いのかもしれないなあとも思ったり。
うんでもそういうことを考えてぐるぐるするような作品ではないです。
TVで見るにはちょうどいい味わいでした。

2010-02-17-Wed-00-25

THIS IS IT

THIS IS IT/2009/アメリカ

2009年の記事にするべきこととしては一応ラストですかね。
クリスマス!に、わざわざ職場の女子三人で見に行きました、レイトショー。とりたててマイコーファンではなかったのですが、すごく評判がいいのが気になって気になって。でもなかなかいけずに半ば諦めていたところへ、「追加上映」とのことで、これはもう行くっきゃないでしょー、と。
のこのこといい年した女三人で行ったわけですが、いやはや、でも、

行ってよかったです!

マイケルファンでない私がこうだもん、長年のファンの人が見たら泣いちゃうんじゃないかなあ。実際、上映終了後の劇場では拍手が起こっていましたよ。つられて拍手してしまいました。・・・映画館で拍手したのとか、生まれて初めてくらいかもしれない(笑)
まあマイケルのプロ意識とか歌唱力とかダンスパフォーマンス能力とかはかじったこともない(そしてファンですらなかった)私がどうこういう話ではありません。
そんな私でも印象的だったことを一つだけ。

本編のOPで、本来ならロンドンで華々しく幕を開けるはずだったコンサートのバックダンサーに選ばれた人たち一人一人への短いインタビューが流れるんです。
それはもちろんまだマイケルが存命中の間に収録されたもので、皆が皆、「神様に選ばれたんだ!」という名誉と「神様と一緒に踊れる!」という興奮に満ち満ちていました。中でも、一番若そうな男性の顔が忘れられません。泣きそうな顔で、マイケルのことを語るんです。彼がいなければ自分は生きていなかった、って。
こういう人はきっと彼だけではないだろうし、マイケル世代ではない自分には想像もできないほどの影響力を、きっと、マイケルという個人は世界中に与えていたのでしょう。
洋楽への興味が全然なかった自分にはマイケルという人はゴシップ紙が報道するとおりの奇人変人・幼児性愛者疑惑の人であって、ぶっちゃければ「落ちぶれたスター」だったんです。きっと今はもう昔みたいには歌ったり踊ったり出来ないんでしょ、みたいな。
でもね、いらない説明いらないですよ。
この映画を見れば、マイケルがいかに歌とダンスを愛していたのか、観客に見せるということを意識していたのかということが伝わります。言葉じゃなくても、彼の一挙手一投足で。
きっと無事にコンサートが行われていれば間違いなく伝説のマイケル復活ライブになったんだろうなと思うと、とんでもないタイミングでの死去が悔やまれてなりませんが、逆に、その死に様こそマイケル・ジャクソンというスターらしくもあるな、と思うのも事実であり・・・。

でも本当の彼が望んでいたのは、案外ちっぽけで庶民的な幸せだったのかもしれないとも思います。
愛のある家庭とか。
誰の目もはばかることのない個人として守られるべきプライベートとか。
幼児愛の真偽はもはや闇の中ですが、それが本当にでっちあげのスキャンダルだったとしたら・・・マスコミの罪は重いなあ、と思うのです。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


マイケルの死後のドキュメンタリーを見た感想ですが、小さいころからエンターテイナーたるべきことを叩き込まれていたマイケルには、「常識人」たるべきことを教える大人がいなかったのかなあと思いました。ものすごい浪費家の一面も、子供っぽい物欲も、満たされなかった子供時代の代償行為なのかな、というのは安易すぎますかね。



ミーハーにすぎますが、マイケル死後にいろいろ見回った動画の中で最高かっこいいと思ったダンスがこれです。スーツ!スーツ!群舞!こりゃかっこいいですわあ・・・。
2010-02-10-Wed-21-33

劇場版マクロスFイツワリノウタヒメ

劇場版マクロスFイツワリノウタヒメ/2009/日本

2009年11月に見に行った映画です。
2008年公開のTVシリーズの劇場版作品。総集編の体で、端々の設定を変えた・・・というかんじです。追加映像もあり、TV版の流用シーンあり。割合としては半々くらい・・・かな?
TVシリーズの視聴者としては満足のいく劇場版でした。
いえもちろん物足りなかった部分はあります!
何よりも、まず作画について。作画はねー、まあ仕方ないかな、と。オール書き下ろしの劇場作品じゃないのですから、全部書き下ろせといっても無理な話かな、と。いちファンとしてはそれくらいの気合いを望みたい気持ちももちろんあるのですが(大画面で姫の美貌を!)、全ての作品にエヴァ並のクオリティを求めるのは現実的じゃないですよね。というわけでもちろんTV版のカットを取り入れているだけに、作中でのキャラクターの顔が変わること変わること(笑)ただでさえマクロスFは最近のTVアニメにしては話数ごとに作画にばらつきのある作品でしたからね。
でもその分CGへの気合いはすごい。
なんといっても見るべきは冒頭のシェリルのライブシーンでしょう。もう正直、これだけでも映画館にいくだけの価値はあるのでは。あとはクライマックスの戦闘シーンかな。SFアニメの魅力全開。おうおうおう、と画面に引き込まれます。
・・・と、一般的にはこの二点かなーと思うのですが、個人的にはTV版から好きなのがフロンティアの町並みです。今回の劇場版でもランカが配達しながら街中をスクーター?で走るシーンがあったのですが、それがすごく好みでした。なんというか、マクロスFって全体的な色合いが柔らかいんですよね。目に優しいというか・・・グレイスいわく「クラシカルな町並み」という、路面電車がある大通りや看板が賑やかな繁華街などなど、SF設定なのになんだかとても生活感のある雰囲気が素敵なのです。

そうそうストーリーについてですが、ざっくりいえば7話までの流れの焼き直しですね。ちょいちょい設定変わってますが、びっくりするほどではありません。
でもTV版でも7話までは神(持論)だったので、問題は後編ですね。TV版ではグダグダになってしまったラストのまとめ方次第で、この劇場版はよくも悪くもなると思うのです。

・・・といっても所詮マクロスFファン、アルト姫ファン、ミハアルスキーですから、この劇場版は大変に楽しみました。ミハアルシーンも(穿った目で見れば)あったしね!
世間の評価もよかったようですが、客観的に作品として見た場合はどうでしょう。初見の人が見たらどうなのかな?とは思います。ちなみに初代からマクロスファン、マクFTV版も全話視聴しているという上司的には「うーん、あんまり」だったそう。人それぞれ。
しかしTVアニメの劇場版、という点ではグレンラガンを思い出します。あれはいい意味でこちらを裏切るほどの、後編が期待を上回る出来でした。願わくば、マクロスFもそうでありますように。そして姫に主人公らしい活躍を!

20100210210101.jpg

写真はパンフとアルト姫ブックマークです。
一緒に行ってくれたお友達のおかげで、半券2枚でもらえるブックマークゲットでした。イエイ!でも二度目に行ったらもうキャンペーン終了しててショボン・・・。ブクマでミハアルならず・・・いいんだ、私、姫ファンだから・・・
2010-02-08-Mon-00-14

げんしけん

げんしけん/木尾士目/講談社アフタヌーンKC

超今更ですが、友人に借りていた単行本全巻を返す前に再読一気読みしたので感想です。
アニメにもなった人気漫画ですね。完結したのは2006年・・・と、もう4年も前になるのか。

舞台は都内にある某大学の某サークル。その名も『現代視覚文化研究会』。
ごたいそうなサークル名ですが、やってることはただひとつ、ただひたすら漫画を読んでアニメを見てゲームをして・・・と、要するにそういうオタク趣味の仲良しサークル。漫研を追い出された人々が集まったような離れ小島のような場所、それが「げんしけん」なわけです。
(そういうわけで、ここで私は写真部に入れなかった入らなかった人々の巣窟である『光画部』(by究極超人あ~る)を連想しました。そういう人は少なからずいると思う)
つまりそういう、オタク趣味を持った大学生たちのオタク趣味にまみれた青春を描いたオタク的若人ライフ漫画・・・と、非常にざっくりした説明をするならばそんなかんじではないでしょうか。
まあいかにオタクといえども人間ですから、ましてや大学生なんて二十歳前後の若者たちなわけですから、そこにこう人間関係のしがらみとかなけなしの恋愛感情とか、オタク趣味そのものに対する気持ちとかそういういろんなものがぐつぐつと闇鍋のように煮えたぎっているわけですが。

で、感想なんですが。
・・・感想を書くまえにちらりとネットでレビューを斜め見してきたわけですが、わりあい好評なようで。なんというか、正直・・・・「意外」でした。

「オタクのリアルな青春がここにある」とかね、
「俺たちのための物語だ」とか、
「感動した」とかね。

・・・なるほどなあ、と、そのシンプルな感想が逆に私にとっては意外でした。
いえ、『げんしけん』は面白い漫画でした。読ませる力があります。オタクとして分かりすぎる描写だらけで、ぐいぐい先に進みます。でも読み終わってしばらく、今の胸の中に残るのは「もやもやしたかんじ」なのです。
人によって思うところはさまざまでしょうが、とりあえず自分的に引っかかったところを上げるならば、

・高坂・春日部カップルの「オタク×一般人カップル」の問題がスルー。

これ、1巻を読んだときにはこれがシリーズ中のひとつの主題なんだろうな、と思ったんです。でも結局この二人の関係は1巻当時からあまり変化がありませんでした。というか春日部さんはいいキャラだったと思うのですが、高坂のキャラクターがもったいなさすぎます。使いこなせきれてないかんじがしました。

・笹原・荻上カップルについて。

これは、ねー・・・。荻上のキャラが好きになれなかったんですよ。
どうでしょうね、仮に私が荻上と知り合える範囲に居たとしたら上手くやっていけない気がします。彼女の過去の話もあってそれに共感する腐女子たちもいるのかもしれませんが、中学時代からほのぼのとぬるい腐女子仲間に囲まれて楽しくやってきた自分にとっては、彼女の存在が痛々しくて。まあ同情すべき過去ではありますが、その過去から解放される手段が笹原(男)による・・・なんというかな、認められること、というか、許されること、というか。ちょっと違うかもしれませんが、そういうものだったことも腑に落ちない。安易にすぎないか?というか、笹原が荻上に惹かれる理由が分かりません。コスプレ姿にぐっときたから・・・って、まあ実際の男子なんてそんなものかもしれませんが、オタクたるもの、もっとまだるっこしい理由が欲しいのです。作中のイベントにやってきていたかつての荻上の同級生たち、つまり中学時代に彼女を陥れた仲間たちとの確執とか・・・その辺にもっとページ数をさけて、荻上がもっとちゃんと自分の中で自己肯定できる過程を描かれていたら、もっと違う感想になったのかもしれない。途中で出来た漫研の子はいい子だったな。

・「リアル」なのか、これは?「理想」だろう?

ですね。
自分はそれこそ小学生のときからアニメ雑誌を買っていて、それを友達とまわし読みしたりもしていました。中学のときにはアンソロジーや同人を貸し借りして、高校時代、大学時代はなにをかいわんや。そんなわけで「オタク友達が欲しいよう・・・」なんて方々に比べたら恵まれたオタク人生を送っているとは思うのですが、「げんしけん」みたいに、ある意味リア充なオタクライフとも違う人生なわけで。そんないちオタクから見たら、「げんしけん」の皆さんはとってもキラキラしたオタクでまぶしすぎるのであります。

というわけで、私が一番好きかもしれなかったキャラクターは斑目先輩でした。あのヘタレ具合。言い出せないよね、うんうん。なんだか共感できるなあ。

というわけで非常に好き勝手な感想文でしたが、結局キャラクター云々というのは、「そもそも連載当初に何を描きたいのか明確化されていなかった」のではないかなあ、と思います。
うーん、わかんないけど。
だらだらゆるゆるしたオタク大学生漫画を描くつもりが、いつの間にやら恋愛矢印が飛び交う青春キャンパスライフ漫画になっていったんじゃないのかなあ。各キャラクターの書き込みが浅い(と、思えてしまう)わりに、群像劇というほど幅広くもなくなっている(話数があったわりに、メインキャラ以外のエピは少ない)のは、そのせいではないかと。
あと個人的にはクッチーのキャラもね・・・。
確かにリアルにいたらお近づきにはなりたくないタイプですが、現実にいそうなんですもん、ああいう人。彼が対人関係を学んで言って、もうちょっと皆に溶け込めるという描写があってもよかったんじゃないのと思ってしまうんです。ヘタしたら自分があのポジションにいるのかもしれないという恐怖から逃れられないオタとしては。彼の数少ないモノローグとか見ると、普通に悲しすぎるんですよ。でもまあ「げんしけん」的には十分彼を受け入れてもいるのかな、とも思いますが・・・どうだろう。単にいじられキャラとしてのクッチーなのだったら、いっそいなくてもよかったと思います。

うーん色々考えたのですが、どうもうまくまとまりませんね。
なんだかオタクのリアルな部分と、非常にファンタジー(夢見がち?)な部分が混ざり合っていて、どちらがメインだったのか上手く咀嚼できなかったというのが一番正直な感想かもしれません。
もっとこう、オタクの楽園なんだよ!みたいな楽しいだけのテンションのオタク漫画としての読み物を求めていたのかな。そうかと思いきや、対人関係にズバッとくる話もあったり。(←でもそれは根暗な自分的には満足がいくまでディープなものじゃなかったわけですが・・・)
いったい何が書きたいのか、最初からがっちり固めて描いてくれればもっと読みやすくなったんじゃないかなーとも思いますが、この散漫な雰囲気が今時というものなのかもしれないですね。
(途中に登場してきた外国人キャラとか、完全に萌えネタですよね。いらないですよね、あの子。ああいうのがポンッと出てくるから、この作品をリアル恋愛ものと読むべきかネタ漫画と読むべきか分からなくなってしまう。高坂のキャラクターもそんなかんじ)
オタク向けならオタク向けでもっと極めちゃってくれよ、と思うのは自分がオタクだからなのであって、これはオタクもパンピーもともに楽しめる「オタクテイスト恋愛漫画」というものなのでしょう。・・・よくも、悪くも。

まあ、ともかくオタクにまみれた青春を送った人ならいろいろ思うところのある作品だと思います。
これだけ色々言いましたが、別に私は『げんしけん』が嫌いなわけじゃないんですよ。だって嫌いだったら二度も読み返さないでしょう。オタクだから、この作品に入り込めてしまうからこそ色々感じちゃったんだということでご理解いただけたらありがたいです。
斑目先輩視点のサイドストーリーとかあったら読みたいかもしれない。
きっとそれはそれは切ない一人語りものになるのでしょうね。

げんしけん (1) (アフタヌーンKC (1144))げんしけん (1) (アフタヌーンKC (1144))
(2002/12)
木尾 士目

商品詳細を見る


貸してくれた初音さんありがとう!
そろそろ返しますね!
2010-02-06-Sat-00-40

秋の尾道・厳島旅行

2009年11月の下旬に広島に行ってきました。
目的地は尾道&厳島神社!
母と二人でまったり旅行でした。

20091120141750.jpg

尾道は海と坂道の町。
『かみちゅ!』気分に浸れる町並みでした。小さい田舎町(ほめてます)なので大人数でわいわいといくよりはまったり気分に浸りたいときに行くといいかもしれません。秋の行楽シーズンだったのにそれほど混み混みというわけでもなく、ほどよい人の多さでした。

20091120170103.jpg

↑商店街のこういう雰囲気とか・・・昭和萌え!全体的に昭和でレトロな雰囲気が好きな私にはたまらない雰囲気でした。今回親戚とか来てあんまり好き勝手出来なかったのですが、もしまた行く機会があればのーんびりと写真とりながら町並み歩きたいです。
あ、写真取り忘れましたが有名な(名前も忘れた)ワッフル屋さんが美味しかったです。
あと宿は「魚信」さん。元々料亭だったお店らしいです。映画のロケにも使われるという年季の入った数寄屋造りのお宿。1階奥の部屋だったのですが、窓一面に海!船がボエー・・・と通っていくのが眺められたりして、あれはよいお宿でした。母と二人であちこち行って、宿泊先にそれほど多くを求めない(清潔で眠れればよい)母が珍しく景色に感嘆していたくらいです。尾道で宿をお探しの方は是非泊まるといいと思います。(あ、でも古いだけにトイレとかお風呂が共同です。その辺の快適さを求める方には勧められません・・・が、苦になるほどでもなかったです。綺麗にしてあったしご飯も美味しかった!)

20091121122527.jpg

次の日に厳島に行きました。
一度は行ってみたかったんですよねえ。尾道のまったり加減に比べるとこちらは結構な混雑具合。知らなかったのですが、厳島は紅葉の名所でもあるそうで、そりゃなるほどなあと思うほど賑わっていました。

20091121120232.jpg

広島の鹿は奈良の鹿よりおとなしいです。
鹿せんべいが売ってなかったからかなあ・・・。

20091121123241.jpg

20091121124405.jpg

厳島神社、美しいです。
海の上にこういう建造物を建てたという美意識に拍手を送りたい。
うーん、エキゾチック・ジャパン・・・。
2010-02-04-Thu-00-04

リアル Papa told me

面白い記事を見つけたので勝手にご紹介。
ちなみにmixiのコミュで知りました。mixi、長らくほったらかしにしていたのですが、いろんな情報が集まってくるということでは便利なもんですよね。

こちら→ http://romanticaugogo.blogspot.com/2009/12/blog-post_6744.html です。

(山崎まどかさんのブログに飛びます。そういえば私はこの人の『オードリーとフランソワーズ』を読んだことがある。乙女道の探求者です。野ばらちゃんがゴス乙女道なら、この人はフレンチポップな乙女道というところでしょうか・・・どっちも王道だと思う)

pchildhood1_1462877c_convert_20100203235902.jpg

どうです、この親子。
作家、サイモン・ヴァン・ボーイ・・・眼鏡!スーツ!そしてモノクロ写真!
とまあこの人がとってもお洒落な男前なのは見てもらうとして、5歳になる娘さんのこまっしゃくれていること!
作家であるオサレなお父さんは愛する奥さんを亡くしておられるシングルファーザーなのですが、一人娘のマデリーン(5歳)は何かにつけて父が独り身であることを心配しているよう。
オペラに行けば女の人と出会えるわ、とか、パパには新しい家族が必要よ、とか・・・さらには父のファッションチェックまでしてくれるのだそう。
うーんでも熱烈な愛をささげた奥さんの死の記憶もまだ新しく、ましてこんな可愛くておしゃまな一人娘がいたんじゃあ、父の心に違う女性が入り込むのはなかなか難しいのではないでしょうか。

いやー、オシャレで知的でロマンチックな父娘です。
こんな漫画みたいな親子がいるもんなんですね。世界って広いなあ・・・
まあ「漫画みたい」の「漫画」は、ズバリこれなんですけどね。ま・さ・し・く!

Papa told me~私の好きな惑星~ (クイーンズコミックス)Papa told me~私の好きな惑星~ (クイーンズコミックス)
(2009/04/17)
榛野 なな恵

商品詳細を見る


1巻の表紙が出てこなかった・・・。
今のところは上の単行本が最新刊のよう。
若手作家の父親が、愛しい妻の忘れ形見である娘(小学生)と二人きりの世界を慎ましくも自分たちの世界観でもって生きていくというお話です。有名だからなあ・・・20年近く前に連載が始まって、今だに思い出したように新作が発表される連作なのです。
個人的には近年の話よりも、初期~中期にかけてのほうが好きなものが多いのですが(まあ長いから色々)、好きな人はものすごくツボにくるでしょうし、そうでない人にすれば淡白でなんの面白みもない少女趣味な話かも。
こちらの精神状態が安定している時には心安らかになれる作品であり、こっちがとんがっちゃってる時期には「けっ、澄ましやがって」と感じてしまうという不思議な作品でもあります。

いえ、好きなんですよ。
うっかり全巻揃えてしまうくらいには好きなんですが、素直に「好き」というには、実は本棚に銀色夏生を隠し持っているのと同じくらいの気恥ずかしさがあるのです・・・。
これもまた自意識過剰か・・・。

2010-02-02-Tue-23-44

秋の京都旅行

そしてまた書く順番前後しました。
2009年の10月に、京都旅行してきたのです。旅行といっても清水寺周辺ですから、大学時代のご近所さん。懐かしい気分の散策でした。

20091031163046.jpg

20091031162544.jpg

ちょっとした町並みでも絵になるのが京都のすごいトコ。
実はメインは着物姿での散策・・・ということだったのですが、自分の写真は自重しました。
すごい遠景の後姿でも撮っといてもらえばよかったかな。
コスプレ気分で楽しくお散歩してきたのでした。レンタル、しかも着物!となるとまったくの非日常だから、普段服を選ぶのよりずっと冒険できるのが楽しかったです。
悩んだ末に、一見地味すぎる黒地だけど実は模様で遊んじゃってる着物を選びました。
自分的には満足しております。機会があればまたやりたい、大人の女のお遊びでした(お金かかるからね・・・)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。