フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-09-Wed-22-31

きみはポラリス

きみはポラリス/三浦しをん/新潮社

三浦しをんの短編集。
中身を全然知らずに図書館で借りて、中身が「恋愛短編集」だと分かったときはちょっと驚きました。いえ、いろいろ書いてるのはもちろん知ってるし読んでるんですけど、彼女のいつものテンションと自分語りを知っている者としては(私、しをんのネットエッセイのかなり初期からの読者だという自信はあります。最近また日記復活して嬉しい)、

「えー、しをんが普通の恋愛小説?柄じゃないよー」

なぁんて思ったのです・・・が。
ハイ、もちろんしをんがそんな普通の甘っちょろい恋愛小説で満足するはずないですもんね。
伊達に人生の半分以上魂をこめてBLを読み込んでませんもんね。

というわけで、いろいろな味わいに満ちた恋愛小説でした。
恋愛・・・恋愛?友情?人間愛?それとも愛ではないもっと何か?という印象も受けますが、これをひとつの言葉で表せといわれたならばやはり「恋愛」なのかなあ・・・という気もします。不思議。

個人的に面白いなと思ったのは、

・老夫婦の秘密
・神様に恋をした少女
・俺ロハス
・男子高校生と、その後のふたり

です。
恋愛小説といっても、若い女子が若い男子と出会ってどうこう・・・というだけの話じゃないのは当たり前。
なんでその人だったのか、なんでその人じゃないといけないのか、他の人じゃ駄目なのか・・・。
そういう葛藤をおしてなお「その人」じゃないと駄目なんだって思える唯一の人に出会ってしまうということ(ひょっとしたらそれは幸せではないのかもしれない)、それこそ「恋愛」というものなんじゃないの?それくらいのレベルで初めて「恋愛」って言えるんだよね?って、なんだかこれはしをん流「恋愛至上主義日本」に対するアンチテーゼ・・・というのはさすがに言いすぎでしょうか。
よしながふみの漫画なぞを読んでいてもたまに思うのですが、「自分は恋愛体質じゃないのよ」って言ってる人のほうがきっと「恋愛」・・・「純愛」に対する憧れというか、思いが強いんじゃないでしょうか。
うまく言えないんですけどね、「この人じゃなかったら死ぬ」っていうくらいのっていうか。

自分にとって唯一絶対の人、それがあなた。それがきみ。
だから三浦しをんはこの本のタイトルを『きみはポラリス』にしたのでしょう。
短編集だから、収録短編の中のどれかが『きみはポラリス』なのかなと思ったんですが、そうじゃなかったみたい。この本全体のタイトルが『きみはポラリス』なんですね。たしかに、どの作品にも共通するものを表すタイトルだと思います。
だって、ポラリス=北極星、ですもの。
その人が自分の世界の中心であるということ。
それはちょっと怖いことかもしれないけど、羨ましいな、とも思います。

いろんな意味でしをんらしい一冊。
重い話もクスリと笑える話もちょっとソッチ系の話もあって、「らしさ」をぎゅっと絞り込んだような一冊だったなと思いました。

きみはポラリスきみはポラリス
(2007/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る

スポンサーサイト
2009-09-08-Tue-23-34

四国半周ツアー

一週間以上前の日記で恐縮なんですが、覚書代わりに。

人生初の四国へ行ってまいりました!
同行者は高校時代のお友達・Wさんです。
そもそも「そうだ、四国行こう」のきっかけが高校時代愛読していた某小説なものですから、同行者がこの人になったのは当然。いったいどっちが「行こうよ」って言い出したのか、それすらも記憶が曖昧です。
無免許&ペーパーの二人組みなので、移動はオール公共交通機関。
四国でこれは無謀だと人には言われましたが、やってやれないことはない!を体感してまいりました。

では以下に、行ったところを順番に。

1日目
・高知市

新幹線で岡山まで行って、そこから特急へ乗り換え。途中で2回乗り換えました。四国って遠いなあ・・・。
高知は駅舎が綺麗でした。新しかった!
しかし四国の「特急」って1、2両編成が普通なんですか・・・?ごくごく普通の「特急電車」を想像していた自分には軽くショックでした。いやでものどかでよかったです。でも特急・・・。特急・・・?

20090829120223.jpg

移動までに時間があったので高知城へ。とはいっても、中にまでは入っていないヘタレコンビ。一部修理中みたいでしたが、それもまたよし。
高知はアイスクリン発祥の地だそうで、もりもりと食べてきました。
お城を見てお昼を食べたらさっそく移動。特急で中村駅→即座にバス!(ちなみに運転手の「門脇」さんに爆笑。よろしく姉さん!)で一路、足摺へ。

・足摺岬

今回の旅のメインが足摺岬でした。なんで岬がメインなのって、それはまあいろいろと。
遠かったけど行く甲斐のあるところでしたよ!これでもうちょっと時間に余裕があって、海か川で遊ぶ時間があれば最高でした。

20090829182140.jpg

足摺岬の灯台。
灯台って浪漫ですよね、灯台守って聞くだけでかきたてられるものがあります。

20090829184441.jpg

あとこれは白山洞門という、岬の下(って言うの?)にある洞門。
見ての通り、波によって岩に穴が開いてるんですね!宿のお兄さんが説明してくれたのは、あの「洞門」自体がご神体で、社は崖の上の道を挟んだところに建ってるんだということ。なかなか興味深い話でした。ここまで降りるのはちょっとしんどかったので、足腰が不安な人にはきついかもしれないです・・・しかし体力に自信のない我々が何故ここまで降りる必要があったのかというのは、まあ、ソウイウコトです。はずせなかったのです。
ちなみにここで二人して死体ごっこをしてきました。
大海原が見渡せる露天風呂の宿に泊まって、翌日は朝から松山へ移動。


2日目
・松山

前日と逆で、バスでとことこ中村駅へ。中村駅から特急に乗り、無人駅で乗り換えをしてさらに電車の旅。道中いい景色でした。いつか四万十川とか遊びたいなと思いつつ、松山駅で思いっきり寝過ごして見知らぬ人に起こされる二人・・・。

20090830155234.jpg

アンパンマン電車に乗りました。
わりとよく見かけたこの電車、日本人てほんとキャラクラー好きだよねって思います。
2日目は着いたら夕方で、ホテルでご飯を食べたら動く気なくなりました(主に私が)。でもホテルも温泉でよかったですー。


3日目

・松山城。
・道後温泉本館。
・坊ちゃん電車

もうこれでかなり松山堪能したでしょ!悔しくなんかないんだからね!
・・・と息巻いているのは、3日目が月曜日で、予定していた博物館やら資料館がまるっと休館日だったからです。
く、くやしくなんかないもん・・・。

20090831112241.jpg

せめて垣根越しに写真だけとった秋山兄弟ドノ。
そういえば松山はあっちもこっちも『坂の上の雲』祭りでした。まさに「町をあげての」っぷり。


というわけで、実にあわただしい二泊三日ながらも、思った以上にスムーズに行程を消化できたと思います。Wさんありがとう!君のおかげだと心から伝えたい。
思ったのですが、高知も松山も路面電車が走ってるんですね。見慣れないせいかもしれないけど、路面電車がある町ってそれだけで絵になるかんじ。旅行中かなりお世話になりました、楽しかったです。
四国って普段行き先として選ぶことは少ないけど、調べるといろいろ楽しそうなところがあるものですね。遠かったけどまた行きたいなー。
次は香川も徳島も、小島とかもいいっすね!
などと言いつつ、しばらくは貯金に励みたいと思っています。

でも次に松山に行くまでには『坂の上の雲』を読まないと・・・!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。