フナフナベイベ

徒然に一人語る読書感想文。 雑食ですが趣味嗜好はかなり偏っておりますのでご注意を。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-31-Tue-21-48

NHK 白洲次郎

間があいてしまいました・・・もう4月か。信じられない。
えーと超今更なんですが、やっと見れたNHKスペシャルドラマ『白洲次郎』の感想を。

先日、三部作のうち2作だけが放送されたんですね。
3部は8月放送予定だとか。8月に再放送予定だそうなのですが(たしか原田芳雄の急病ですね)、それを見て改めて3作目を見たいなあと思います。うん本当、TVドラマってそんなに見ない私がそれくらい「見てよかった!」って思うドラマでしたよ。うーん、よかった。

主人公の「白洲次郎」さんについては、皆さんご存知の通り・・・とかいって、私も大学生くらいになるまで知らなかったんですけどね。しかも正子さんから入ったクチです。教科書に載ってる人ではないけれど、本屋さんでは文庫が平積みされていたりしていて、知らず知らずのうちに目にしている人もいるのでは。
戦後の日本で尽力した、「吉田茂の懐刀」なんていわれた快男子・・・だそうですが、これだけだとなんだか漠然としていますね。まあその辺気になる方は軽くググッていただければ、いくらでも情報は出てくるでしょう。私もそんなに詳しくないし。

まあそのうち誰かがドラマにしたり映画にしたりするんじゃないかなというこの人物を、ドラマ、それも三部作で、伊勢谷友介&中谷美紀主演、と、軽い邦画ばりのキャスティング。いや、キャストだけじゃなくって、映像の美しさとか、イギリスロケ(だよね?)とか・・・いい意味で「映画みたいな」ドラマでした。
見ていて感心したのは、陰影の美しさかな。影が印象的な映し方でした。
あと次郎の父親の死に方とかも、緑美しい畑にばったり倒れて、自然と老人の対比が焼きついて・・・いろんな部分が「こだわってるんだろうなあ」と思わせてくれる作品で。
普通こういう歴史ものをやると、重厚なキャストで重々しい内容で、いっちゃあ悪いけれどもやや昭和の香り的な(それはそれで嫌いじゃないけど)、重くしようと頑張ってる感のお茶の間ドラマ臭がするんですけど、この『白洲次郎』に関しては、主演が若いということもあるのでしょうが、全体を包む雰囲気そのものが「やってやるぜ!」って意気込みを感じる作品になっていたと思います。
・・・ああ、でもそこが「入りにくかった」って人もいるのかもしれない。

ネット情報ですが、この作品を作るにあたり、白洲夫妻の娘さんが言われたことがあるそうです。
それは「安易なホームドラマにはしないで下さい」ということ。
白洲一家がギスギスしていたというわけではなく、決してお涙頂戴に流れるようなキャラクターではなかったということでしょう、次郎さんも、正子さんも。
2作を見た後にそれを聞いたのですが、すごく納得しましたね。

視聴率路線ではない、こういう作品に3部だなんて枠をとれるということ。
知名度優先のキャスティングで商業主義に走らない作品を追求できるということ。
この前番組終了した『その時歴史が動いた』でも思ったのですが、金銭主義に走らない番組作りができるのって、やっぱりNHKならではってかんじがします。特別NHK信者ってわけではないけれど、たまにこういう番組を見ると、「やっぱり国営放送って必要なのかもな」って思っちゃうことでした。

8月が楽しみです。
録画しなきゃね。
気になる方は是非再放送を!
これはもっとたくさんの人に見て欲しい作品です。

スポンサーサイト
2009-03-19-Thu-23-38

相棒season7 最終回

相棒season7、最終回見ました!

ミッチーですよミッチー!
とはいえ相棒について、毎週欠かさず・・・というほど熱心なファンではないものの、TVシリーズになる前から見ていた程度の相棒好きである私としては、右京さん&ミッチーという組み合わせは夢の組み合わせでありながら、そのバランスが気になるところでもありました。

で、感想なんですが・・・
いけるんじゃないですか、水谷右京VS及川尊。

前々からの相棒ファンの方にとってはやはり「右京の相棒は薫ちゃんしかいない!」んでしょうが、相棒スタッフが亀山薫という右京さんと並び立つキーパーソンを引退させたのは、シリーズ6までいってしまった『相棒』という作品のマンネリ打破のだめだったのでしょう。
とするならば、新たな「相棒」として、薫ちゃんとはまったく違うキャラクターをもってくるというのは、それだけでも十分に意義のあることなのではないでしょうか?
ミッチー本人のキャラとミッチーの演じるキャラを混合して全否定してる旧来ファンもいるみたいですけど、亀山薫seasonと神部尊seasonは別物だと思えばいいんじゃないでしょうか?
どっちのほうが「あるべき」、というわけでなく、どちらもそれぞれの形の『相棒』というわけ・・・で、いいんじゃないかなぁ、と思います。

ミッチーだという贔屓目を抜きにしても、神部尊というキャラクターは「分かりやすいエリート組」で「クールビューティキャラ」でありながら、「たしなめられると簡単にすねる」「右京さんへの対抗心バリバリ」という、面白いキャラだと思います。
頭脳系っぽいクールキャラだと右京さんとかぶるじゃん!という意見もありそうですが、右京さんと神部のクールさはちょっと質が違う気がするんですよね。それこそ薫ちゃんみたいな「直情型の体育会系キャラ」なんだったら、薫ちゃんをおろした意味がないし。

神部は神部で右京さんのペースをつかみかねてるし、右京さんも神部の登場にとまどってる感があるのがよかった。そのちぐはぐ加減が可愛かったし、そういえば薫ちゃんと右京さんも最初はぎくしゃくだったなーなんて思うと、これから段々距離が縮まっていくのかな、とか思ったり・・・うわー可愛いv

「君は亀山君とは違うのです」

ってセリフのほかにも、薫ちゃんのことをにおわすセリフがいくつかあって、旧ファンへのサービスだなあ、なんて。
いつの日かミッチー神部・寺脇薫の夢の共演が実現するでしょうか・・・。

ではでは次はseason8。
かなり先そうですが、楽しみです。
ミッチーも車の運転頑張ったよ!
2008-10-14-Tue-20-16

僕らのミッチー

録画しておいた先週の「僕らの音楽」を見ました。

・・・だってミッチーだったんですもの!(笑)

いやあミッチーいいですわ。高校生の時にクラスメイトからアルバムを借りたあの頃からはや○年、今でもひっそりベイベーしてます。
元々美形なのに変なキャラ、という人が好きなんですけどね・・・ミッチーは自分でも言ってるけど、オンとオフの差が激しいというか、過剰な自己アピール願望(ただし舞台上限定)と有り余るサービス精神のせいで、すっごく変なテンションの人というイメージが定着しているけど、素顔はほんとに地味だと思うの。
ステージ上で「ハーイ、ミッチーだよ☆」と言った次の瞬間に、パイプ椅子に腰掛けて猫背で新聞とか読んでそうな。好きな本は?て聞かれて、「三島由紀夫」とでも言っておけばイメージなのにうっかり「向田邦子」って答えちゃうとことか、長台詞の出だしを噛んでしまって、「ああもうダメだっ・・・!」だけならまだしも、大の大人が、「もう帰りたいよう!」って(笑)
引き篭もりがちだったのを唐沢の兄貴に連れ出されるようになって、唐沢さんを「兄貴、兄貴」って慕ってるとことか、ああホントに懐いてるんだなーって。あんだけ慕われれば、唐沢さんも嬉しいだろうね。
・・・もうほんとに可愛いなあ。なんだこの人、妖精か。
かっこつけてるのにしっかりダメっぽいのがミッチーのいいところです。
またライブ生きたいなー。

ちなみに↓の記事を読んで、私、ますますミッチー好きになりました。
ちょっと古いんですけど、この※1を読んですごく納得した。

『ミッチーの恍惚と不安』
2007-07-11-Wed-22-59

夏ドラ

夏のドラマ、いろいろ見てみました。
今回は漫画原作が多くて、期待半分不安半分・・・だったのですが、感想をざっと。

山おんな壁おんな
伊東美咲が演技力のなさ(失言?)をカバーするには漫画チックなキャラしかない、とは『電車男』から言われていたことで。今回もそれがいい方向に働きましたね。コンプレックスまみれの主人公でコメディというのは新規開拓かもしれません。天然深田恭子もあわせてコミカルなストーリーを単純に楽しめそうです。

花ざかりの君たちへ
掘北マキは思っていたより頑張っていたと思います。しかしいかんせん脚本がダラダラ・・・というか、まぁ設定や物語の筋が原作と違うのはかまわないのですが、それにしても納得のいく変更にしてほしいもの。漫画だから・・・とか、視聴者は若い子ターゲットだから・・・という理由で勢いだけの物語が許されるとは思ってほしくないものです。

牛に願いを
車のCMを先に見て、てっきり「動物のお医者さん」的な大学コメディかと思っていたのですが、予想に反したシリアスストーリーでした。スケコマシで優柔不断で内にこもりがちな玉鉄はいいかんじでしたけど、「田舎が嫌いなんだよ」という主人公ぶりには遺憾ながら共感できなくもなかったりして、見るのは辛いかもしれないです。作品としては真面目に作ってるなあと思いました。

山田太郎ものがたり
原作は純粋なコメディですが、ドラマ版はコメディ+家族愛ヒューマンストーリーを狙っているようですね。それだけにちょっとどっちつかずの雰囲気は否めません。泣けず、笑えずでした。キャストのミスマッチはもう今更です・・・これなら華流版ドラマのほうがずっとコメディとして出来はよかったなあ・・・と。
ドラマあわせで原作連載復活というのは単純に嬉しい出来事ですけどね。それだけでもう万歳です。

ホタルノヒカリ
思っていたより綾瀬はるかが頑張ってます。若&可愛すぎる点はもちろん感じますが、ね。干物バージョンのはっちゃけ具合が物足りないのも事務所的に仕方のないことでしょう・・・が、正直せめて前髪全アップ!くらいはやってほしかったです。
上司の藤木直人も想像以上の頑張りですが、やっぱちょっと若すぎませんかね。逆にマコト君が想像と違ったのですが(もっと可愛い子かと)、武田真治が可愛かったのでそれでOK!です。テンポもよかったし、これは全体的にはいい出来じゃないですかね。
2007-06-15-Fri-21-22

宮崎あおいが・・・

ちょっとショックです。



宮崎あおい、結婚。



あおいちゃん(何故かちゃん付けしてしまう)好きなんですよー、だもんで余計にびっくりです。
21歳だって、早くない?女子高生役だって違和感なさそうな容姿だからさらにです。
「電撃!」なんてアオリとは縁がなさそうだったのになあ・・・なんて思いますが、記事を信じるならば「出会ってから7年」とのこと。
ふーむ、14歳の時に出会った運命の人かあ。
そう思えば「リアル純情きらり」みたいで好感がもてるかな。
ひょっとして「初恋の人とゴールイン」とか?
なんだか少女漫画みたいですね。ふむふむ。

大河の主演も決まったこのタイミング、21歳で結婚というのはよく事務所が許可したなあ、事務所も認めざるをえないほどの決意だったのだなあ、と思うと「びっくり」な気持ちも祝福したい気持ちに変わっていくのです。

何はともあれ、おめでとうございます。
それにしてもしばらくはワイドショーに騒がれそうなのがお気の毒。
そういうの慣れてなさそうだもんね・・・
2007-06-11-Mon-20-40

水谷豊≒杉下右京

「相棒」杉下右京さんこと水谷豊さんの素敵情報ゲットです。

いまだに奥さんを「さん」付けしてしまう・・・いいなぁ~、しかも「ランちゃんさん」ですよ。ネタですか?きっと本気なんでしょうけど・・・うーん素敵すぎます。
実は家事もこなすそうで、自宅でもきちんと紅茶いれたりしてるのかしら・・・なんて、プライベートが見えないだけに右京=水谷と錯覚してますね。でもどこか偏屈っぽい(ほめてますよー)ところとか、ちょっとキャラクターかぶってる気がするんです。

右京さんファンの方はどうぞこちらへ。

映画も気になるなー。
実は私、2時間ドラマ時代から見てますから。

私信:透子さん藤沢さんお疲れでしたv
2007-05-22-Tue-22-17

次期連ドラのこと

夏の連ドラの情報が飛び交うようになって参りました。
なんだか妙に気になるものがいくつかあります。まあ漫画原作が多いのは今に始まったことじゃないんですけど、

「山田太郎ものがたり」
は、今でも単行本を全巻もっている漫画だけに思い入れがあるんです。
嵐の二宮ー?
だって、「ぱっと見王子キャラ」じゃないといけないんだよ?
桜井翔ー?
えええ、御村は純和風な美形でしょう?
と、どうにもキャスティングに納得がいかないのです・・・。思わず実家の母に同意を求めてみたり(母も読んでましたから、同意見でした)。でもまあなんだかんだいっても見るんだろうと思います。キャストは諦めたから、せめてあのハイテンションは実現してほしいものです。

「花ざかりの君たちへ」
白泉社作品がドラマ化する時代がくるとはー・・・。
「男装した女子が男たちの中へ潜入」、これは「女装した男が」と置き換えても同様に「漫画のお約束」だとは思うのですが、なかなか実写はつらいものがあります。しかも堀北マキかあー、うーん、ってなもんです。
でも「花より男子」的な人気は出そうな気もします。
ま、こちらは原作に思い入れがあるわけでもないし、お好きにどうぞってなもんですが。ファンの方は複雑な心境ではないかなぁ。

漫画の実写化って、常に期待と不安が入れ混じります。
原作と同じかそれ以上の出来になることって滅多にないし。映画になるのとはまたちょっと違う不安感があるんです。
それにしてもこう続くとTV局の企画不足?も疑ってしまいますが(いや単に漫画ファンを取り込もうという視聴率稼ぎかなぁ)、せめて自分の心の聖域であるあんな漫画やこんな漫画は、そっとしておいてほしいと思うことでございます。

あ、ドラマではないけれど、「私は貝になりたい」が中居正広主演で再映画化ですって・・・これも、うーん、どうなのよ。
さすがにフランキー堺版は知らないけど、所ジョージ版は相当泣けたもの。それを中居君が・・・ってのが、イメージ違いますね、どうもね。
2007-04-15-Sun-20-55

時効警察

ついに帰ってきました、時効警察!

今回も小ネタが満載で顔面にやけっぱなしでした。しょっぱなから「小料理屋・しずか」ですもんね、その後の「いかんなあ・・・イカンガー(両手ブイ)」もさりげにツボでした。
こういう「分かる人だけ分かってね」という笑いの方向が好きなんですよね~・・・マニアックなのは重々自覚の上ですが、今回職場ではじめて時効警察好きが現れてくれたので、こっそり事務所で時効警察トークをかましたいと思います。

とりあえずはやっぱり「コーヒー入れろーヲイ!」でしょうか。
分かってくれるかなぁ・・・・

今回は忘れずに全話録画できますように。願。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。